分骨で後悔しないための注意点と知識

通常は遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的ですが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といいます。

分骨の注意点としては、分骨によって遺骨が粗末にならないようにすることはいうまでもないですが、「分骨証明書」などの書類があることも確認しておきましょう。

分骨で供養

どうしてわざわざ「分骨」するのでしょうか?

「分骨」する目的にはいくつかあります。 例えば・・・

・ お墓とは別に手元供養として遺骨の一部を身近におきたい
・ 散骨など自然葬を行ったもののお骨の一部は手元供養したい
・ お墓が遠くお参りが困難なため、遠くの先祖代々の墓とともに、近くのお墓にも分骨
・ 遺骨の一部を本山に納骨したい
などなど

「分骨」しても成仏に影響ない?

分骨って、なんだか体をバラバラにするみたいで、抵抗を感じる人も少なくないと思います。でもその心配は不要です。

お釈迦様の分骨が有名なように、仏教の宗祖・高僧などの多くが分骨されてます。

また昔から本山への分骨は一般的に行われており、多くの方が分骨されてます。

したがって「分骨することで 成仏できない」という心配は、単なる杞憂といえるでしょう。

「分骨」の時に絶対忘れられない手続き

分骨の際には「分骨証明書」又は「火葬証明書」などの書類を発行してもらいましょう。

これらの証明書がないと、その遺骨をお墓などに納骨する事ができなくなることがあります。
(本山納骨などで証明書を必要としない場合もあるようです)

火葬の時点で分骨する場合には、火葬場管理者や葬儀社に相談するといいでしょう。 そして火葬場管理者に「火葬証明書」を必要枚数発行してもらいます。 葬儀社に依頼すれば、骨壷の準備や火葬場管理者への手続き依頼もしてもらえるでしょう。

お墓に埋葬してある遺骨の分骨の場合には、お墓の管理者に「分骨証明書」を発行してもらいます。


ピックアップ情報

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved