分骨で後悔しないための注意点と知識

通常は遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的ですが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といいます。

分骨の注意点としては、分骨によって遺骨が粗末にならないようにすることはいうまでもないですが、「分骨証明書」などの書類があることも確認しておきましょう。

分骨で供養

どうしてわざわざ「分骨」するのでしょうか?

「分骨」する目的にはいくつかあります。 例えば・・・

・ お墓とは別に手元供養として遺骨の一部を身近におきたい
・ 散骨など自然葬を行ったもののお骨の一部は手元供養したい
・ お墓が遠くお参りが困難なため、遠くの先祖代々の墓とともに、近くのお墓にも分骨
・ 遺骨の一部を本山に納骨したい
などなど

「分骨」しても成仏に影響ない?

分骨って、なんだか体をバラバラにするみたいで、抵抗を感じる人も少なくないと思います。でもその心配は不要です。

お釈迦様の分骨が有名なように、仏教の宗祖・高僧などの多くが分骨されてます。

また昔から本山への分骨は一般的に行われており、多くの方が分骨されてます。

したがって「分骨することで 成仏できない」という心配は、単なる杞憂といえるでしょう。

「分骨」の時に絶対忘れられない手続き

分骨の際には「分骨証明書」又は「火葬証明書」などの書類を発行してもらいましょう。

これらの証明書がないと、その遺骨をお墓などに納骨する事ができなくなることがあります。
(本山納骨などで証明書を必要としない場合もあるようです)

火葬の時点で分骨する場合には、火葬場管理者や葬儀社に相談するといいでしょう。 そして火葬場管理者に「火葬証明書」を必要枚数発行してもらいます。 葬儀社に依頼すれば、骨壷の準備や火葬場管理者への手続き依頼もしてもらえるでしょう。

お墓に埋葬してある遺骨の分骨の場合には、お墓の管理者に「分骨証明書」を発行してもらいます。


ピックアップ情報

葬式・葬儀の失敗談|喪主が遅刻(葬式の朝)
葬儀の当日の朝、家から出発する葬儀を行う会場に向かうバスの出発時刻に喪主が遅刻しました。バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪.....

遺灰から作るセラミックプレートのエターナルプレート
遺灰から強度のあるセラミックプレートをつくり、これを手元供養品として身近に置いて供養することもできます。遺灰からつくったセラミックプレートは、「メ.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

葬儀の準備と亡くなった後の手続き|不慣れでも分からないと投げ出せない
亡くなった直後から葬儀の準備まで、いろいろやらなければならないことがあります。悲しみや喪失感、不慣れを理由.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved