手元供養に|遺骨・遺灰・遺髪でつくるダイヤモンド

遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れます。 この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。

その人だけの世界にたった一つのダイヤモンドです。

ダイヤモンドなら装飾品としても自然ですし、いつも一緒にいるのにはちょうどいいかもしれません。

遺骨・遺灰・遺髪のダイヤモンド

遺骨がダイヤモンドに

メモリアルダイヤモンドとも呼ばれます。

遺灰や遺骨から炭素を抽出してつくる人工ダイヤモンドです。

できあがるダイヤモンドの色は、無色から薄いブルーになることが多いようです。

遺骨に抵抗がある人は、遺髪でもダイヤモンドは作れます。 髪の場合は生前につくる人もいるそうです。 なんだかおもしろいですね。

生成したダイヤモンドは、カットと研磨が施され、そのまま置いてもいいですし、指輪やネックレスに加工してもいいです。 いつも身につけられるものがいいのか、お部屋に置いておくのがいいのか、供養する相手によっても違うかな。

必要な遺灰の量は?

遺灰の3分の1~5分の1程度にあたる300g程度の遺灰を必要とするようです。

会社によっては60g程度でも対応してくれる場合もあるようです。 わずかな量でも可能なんですね。

製作の期間は?

製作期間としては2ヶ月~6ヶ月程度かかるようです。 慌てず待つことも大事です。

どこでできるの?

例えば、次の会社が有名です。

【アルゴダンザ・ジャパン】
 本社はスイスです。ホームページはこちら(http://www.algordanza.co.jp/)


ピックアップ情報

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved