手元供養に|遺骨・遺灰・遺髪でつくるダイヤモンド

遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れます。 この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。

その人だけの世界にたった一つのダイヤモンドです。

ダイヤモンドなら装飾品としても自然ですし、いつも一緒にいるのにはちょうどいいかもしれません。

遺骨・遺灰・遺髪のダイヤモンド

遺骨がダイヤモンドに

メモリアルダイヤモンドとも呼ばれます。

遺灰や遺骨から炭素を抽出してつくる人工ダイヤモンドです。

できあがるダイヤモンドの色は、無色から薄いブルーになることが多いようです。

遺骨に抵抗がある人は、遺髪でもダイヤモンドは作れます。 髪の場合は生前につくる人もいるそうです。 なんだかおもしろいですね。

生成したダイヤモンドは、カットと研磨が施され、そのまま置いてもいいですし、指輪やネックレスに加工してもいいです。 いつも身につけられるものがいいのか、お部屋に置いておくのがいいのか、供養する相手によっても違うかな。

必要な遺灰の量は?

遺灰の3分の1~5分の1程度にあたる300g程度の遺灰を必要とするようです。

会社によっては60g程度でも対応してくれる場合もあるようです。 わずかな量でも可能なんですね。

製作の期間は?

製作期間としては2ヶ月~6ヶ月程度かかるようです。 慌てず待つことも大事です。

どこでできるの?

例えば、次の会社が有名です。

【アルゴダンザ・ジャパン】
 本社はスイスです。ホームページはこちら(http://www.algordanza.co.jp/)


ピックアップ情報

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

「香典返しに添える礼状」で使うことば
香典返しに添える令状で使うことばについてまとめました。いただいたものや言葉の意味を理解したうえでお礼の気持.....

亡くなった後の手続き|家族が困らないための知識も
身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。まずは亡くなった後の手続きが待ってます。医師の「死亡診断書」、市町村役場の.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved