手元供養に|遺骨・遺灰・遺髪でつくるダイヤモンド

遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れます。 この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。

その人だけの世界にたった一つのダイヤモンドです。

ダイヤモンドなら装飾品としても自然ですし、いつも一緒にいるのにはちょうどいいかもしれません。

遺骨・遺灰・遺髪のダイヤモンド

遺骨がダイヤモンドに

メモリアルダイヤモンドとも呼ばれます。

遺灰や遺骨から炭素を抽出してつくる人工ダイヤモンドです。

できあがるダイヤモンドの色は、無色から薄いブルーになることが多いようです。

遺骨に抵抗がある人は、遺髪でもダイヤモンドは作れます。 髪の場合は生前につくる人もいるそうです。 なんだかおもしろいですね。

生成したダイヤモンドは、カットと研磨が施され、そのまま置いてもいいですし、指輪やネックレスに加工してもいいです。 いつも身につけられるものがいいのか、お部屋に置いておくのがいいのか、供養する相手によっても違うかな。

必要な遺灰の量は?

遺灰の3分の1~5分の1程度にあたる300g程度の遺灰を必要とするようです。

会社によっては60g程度でも対応してくれる場合もあるようです。 わずかな量でも可能なんですね。

製作の期間は?

製作期間としては2ヶ月~6ヶ月程度かかるようです。 慌てず待つことも大事です。

どこでできるの?

例えば、次の会社が有名です。

【アルゴダンザ・ジャパン】
 本社はスイスです。ホームページはこちら(http://www.algordanza.co.jp/)


ピックアップ情報

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved