通夜を描いた映画「寝ずの番」

「寝ずの番」はマキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品で2006年公開の映画です。

中島らも原作で「通夜」を描いた映画です。 下ネタありの、笑えるエピソードがふんだんに盛り込まれてます。

映画で笑う

映画賞も受賞した作品

第16回日本映画批評家大賞・批評家特別監督賞を受賞した作品です。

文部科学省認定作品でありながら、下ネタが多くR15+指定を受けています。 地上波ではなかなか放映されにくい作品かもしれません。


キャストにみる特徴

主なキャストは、中井貴一(主役・笑満亭橋太)や木村佳乃(橋太の嫁)、堺正章、笹野高史、岸部一徳、長門裕之(上方落語界の重鎮である笑満亭橋鶴・橋太の師匠で作中で臨終をむかえる)、富司純子などです。

監督をしたマキノ雅彦は、津川雅彦という役者名で1984年の伊丹十三監督「お葬式」にも出ています。やはりテーマがテーマだけに、その影響もあるのかなと思うのでした。 一緒に見たい作品ですね。

笹野高史は「おくりびと」にも登場しています。

登場する落語家が、六代目笑福亭松鶴をモデルにしているとのことから、その松鶴の弟子である笑福亭鶴瓶が友情出演したというエピソードもあるのでした。


原作は短編小説

原作は短編小説でした。それを受けて映画のほうも、3人の通夜エピソードが次々に描かれています。


現実との関係

近ごろは斎場で通夜が行われる場合も多いですが、この場合「寝ずの番」というのはないので、実感がわかない人も少なくないことでしょう。


マキノ雅彦監督作品

マキノ雅彦監督作品はこの後、「次郎長三国志」(2008年)、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」(2009年)などがあります。



ピックアップ情報

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved