映画「おくりびと」|納棺師の物語

「おくりびと」は納棺師を描いた映画です。(2008年)

納棺師という立場で、普通は見ることのできない立場から葬式について、見て感じることができる映画だと思います。

感動できる映画ですし、内容に夢中になっているうちに、葬儀や供養についての知識も広げられそうです。

ストーリーを伴った知識って、やはり忘れにくいですし、葬式についての常識の確認など一石二鳥になるかも。


映画で感涙

映画賞も受賞の優れた映画

滝田洋二郎が監督し、主演は本木雅弘です。第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、さらに第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞を受賞しました。他にも様々な晶を受賞しています。

キャストは本木雅弘(主役の小林大悟)、広末涼子(大悟の妻・小林美香)、山崎努(大悟が勤める納棺を業務とするNKエージェントの社長・佐々木生栄)、峰岸徹、余貴美子、吉行和子、笹野高史などです。

キャストの顔ぶれも豪華ですし、公開前からすごく話題になった映画です。


社会への影響も

山形県酒田市を舞台にした納棺師の物語。 夢破れて実家のある山形県に戻り、職探しで偶然面接を受けた先の社長に強引に押し切られる形で納棺師となり・・・。というストーリーです。

この映画で、それまでほとんど知られていなかった納棺師という仕事が、多くの人に知られるようになりました。

きっとこの映画の影響で、仕事としての納棺師あるいは葬儀屋さんに興味を持った人は少なくないと思います。


続編も・・

映画から7年後の設定で舞台化もされています。(2010年5月)



ピックアップ情報

失礼のない相応しい葬式・通夜の服装
葬式やお通夜は突然のことです。 大切な方が亡くなれた時は、悲しみのあまり、何も手につかなくなってしまうことも…でも、故人.....

納棺師を頼んだけど納棺に慣れた親族もいて・・
亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから.....

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

お墓・仏壇を買わない供養|散骨・永代供養墓・手元供養・共同供養墓
お墓や仏壇の購入にはまとまったお金が必要です。近頃の住宅事情を考えると、従来型の仏壇を購入しても置き場所に困ることも。「お墓や.....

遺灰から作るセラミックプレートのエターナルプレート
遺灰から強度のあるセラミックプレートをつくり、これを手元供養品として身近に置いて供養することもできます。遺灰からつくったセラミックプレートは、「メ.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved