映画「お葬式」|コミカルに描く葬式

「お葬式」は伊丹十三の初監督作品で1984年公開の映画です。

伊丹十三監督の喪主体験をもとに作られた作品といわれてます。 葬式をコミカルに描いています。

厳格なイメージであった葬式を、コミカルに描いたことで、すごく話題になりました。 葬式に対する考え方が今ほど柔軟ではなかった当時、縁起でもないと悪く言われることもあったようですが、予想に反して驚異的なヒットとなりました。


映画で笑う

数々の映画賞も受賞した作品

日本アカデミー賞を始めとする各映画賞を総なめにした作品です。

キャストは、山崎努(主役の俳優・井上侘助の役)、宮本信子(侘助の妻で女優の雨宮千鶴子の役)、菅井きん、大滝秀治、津川雅彦などです。

伊丹十三監督といえば、数々の名作・ヒット映画を生みだした映画監督ですが、その初監督作品です。


葬式のことが分からないけど親族代表

妻の父が亡くなり、親族代表として葬式を出すことになったものの、葬式の事が全くわからない頼りがいのない主人公を中心に話が進みます。

核家族化で、葬式を仕切れるだけの知識を持った人のほうが少なくなっている時代だけに、分からないまま喪主や親族代表で葬式を仕切らないといけなくなることは、案外他人事ではなです。

それだけに関心が高かったのかもしれないです。 ヒットにつながった理由はそんな時代背景にもあるのかも。 内容もおもしろいですが、テーマも時代に合っていたようです。

愛人が出てきたり、だいぶ話を面白くしている部分はありますが、実際に葬式に際して、すごく参考になる部分もあるのでした。



ピックアップ情報

遺骨・遺灰から作るダイヤモンドで手元供養
遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れることを知っているでしょうか。この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。その人.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved