映画「お葬式」|コミカルに描く葬式

「お葬式」は伊丹十三の初監督作品で1984年公開の映画です。

伊丹十三監督の喪主体験をもとに作られた作品といわれてます。 葬式をコミカルに描いています。

厳格なイメージであった葬式を、コミカルに描いたことで、すごく話題になりました。 葬式に対する考え方が今ほど柔軟ではなかった当時、縁起でもないと悪く言われることもあったようですが、予想に反して驚異的なヒットとなりました。


映画で笑う

数々の映画賞も受賞した作品

日本アカデミー賞を始めとする各映画賞を総なめにした作品です。

キャストは、山崎努(主役の俳優・井上侘助の役)、宮本信子(侘助の妻で女優の雨宮千鶴子の役)、菅井きん、大滝秀治、津川雅彦などです。

伊丹十三監督といえば、数々の名作・ヒット映画を生みだした映画監督ですが、その初監督作品です。


葬式のことが分からないけど親族代表

妻の父が亡くなり、親族代表として葬式を出すことになったものの、葬式の事が全くわからない頼りがいのない主人公を中心に話が進みます。

核家族化で、葬式を仕切れるだけの知識を持った人のほうが少なくなっている時代だけに、分からないまま喪主や親族代表で葬式を仕切らないといけなくなることは、案外他人事ではなです。

それだけに関心が高かったのかもしれないです。 ヒットにつながった理由はそんな時代背景にもあるのかも。 内容もおもしろいですが、テーマも時代に合っていたようです。

愛人が出てきたり、だいぶ話を面白くしている部分はありますが、実際に葬式に際して、すごく参考になる部分もあるのでした。



ピックアップ情報

失礼のない相応しい葬式・通夜の服装
葬式やお通夜は突然のことです。 大切な方が亡くなれた時は、悲しみのあまり、何も手につかなくなってしまうことも…でも、故人.....

納棺師を頼んだけど納棺に慣れた親族もいて・・
亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから.....

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

お墓・仏壇を買わない供養|散骨・永代供養墓・手元供養・共同供養墓
お墓や仏壇の購入にはまとまったお金が必要です。近頃の住宅事情を考えると、従来型の仏壇を購入しても置き場所に困ることも。「お墓や.....

遺灰から作るセラミックプレートのエターナルプレート
遺灰から強度のあるセラミックプレートをつくり、これを手元供養品として身近に置いて供養することもできます。遺灰からつくったセラミックプレートは、「メ.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved