遺灰から作るエターナルプレート(セラミック)での供養

遺灰から強度のあるセラミックプレートをつくり、これを手元供養品として身近に置いて供養することもできます。

遺灰からつくったセラミックプレートは、「メモリアルプレート」や「エターナルプレート」なども呼ばれます。

エターナルプレート

どんなふうに作れるのかな?

プレートには故人の名前、生年月日、死亡年月日、メッセージなど彫刻でき、故人の証として残せます。

デザインや書き込む内容などにも自由度があることも嬉しいポイントの一つです。 いろいろ工夫のしがいもあります。 その一方でシンプルなものを選択することもできます。


どのように供養するのかな?

大きさは手のひらサイズのプレートですので、部屋のインテリアとしてどこにでも飾れます。 大きな場所は必要ないですが、粗末にならない場所を用意して供養していくことが大事です。

遺灰が少ない場合には、ペンダントタイプにする方法もあります。 ペンダントなら、さらに身近にいつも近くに置くことができます。

おうちに置いておくのなら、仏壇に納められる位牌の代わりともなれそうな、これからの供養のかたちの一つです。

仏壇を購入するほど高価ではないですし、また引っ越しの際にも仏壇ほど大変にならないので、今の生活スタイルには合っているのかもしれません。


どこで作れるのかな?

次の会社で取扱いがあります。

【(株)エターナルジャパン】
 ホームページ(http://www.eternal-j.co.jp/)


ピックアップ情報

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved