家族構成や生活スタイルにあったお墓選び

一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。

お墓いろいろ

もっとも一般的な「家墓」

最も一般的なお墓といえば「家墓」です。

「○○家之墓」と墓石にかかれたお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓の形態です。

永代的に管理料を支払い利用し続けることが前提になってますが、近頃は少子化のため継承者がなく、無縁墓となってしまうケースもあります。

個人だけの墓「個人墓」

一族のものではなく、個人用の墓として建てたお墓が「個人墓」です。

個人墓は個性的なデザインのものが多い傾向があります。

個人墓も、継承者がいないと無縁墓になってしまう可能性があります。

夫婦だけの「夫婦墓」

先祖代々のお墓には入りたくないし、子供もいないという場合には夫婦だけがはいる「夫婦墓」となることもあります。

夫婦墓も、継承者がいないと無縁墓になってしまう可能性があります。

無縁墓対策に「永代供養墓」

事前に永代使用料を払うことで、寺院や霊園により永代、管理や供養が行われます。

これなら継承者がいなくても無縁墓になる心配はないですね。 また、子供がいる場合でも、子供に負担をかけないようにとの配慮から永代供養墓を選ぶケースも多いそうです。

一般に他の人と一緒のお墓が利用されるため、合祀墓、合同墓、合葬墓、共同墓、集合墓などとも呼ばれるようです。

一人っ子どうしの夫婦に「両家墓」

一人っ子どうしの夫婦の場合、両家のお墓の管理が大変な場合もあります。

そのようなときは、両家のお墓を一つにする「両家墓」もあります。

ペットとの共葬墓

「ペットと一緒のお墓に入りたい」と考える人も少なくないそうで、ペットとの共葬墓もあります。

ちなみに動物と一緒にお墓にはいることへの批判的な声も多かったようですが、利用者はかなりのようです。

お墓のない供養

散骨の場合、お墓はありません。

一部を分骨して手元供養する人もいます。


ピックアップ情報

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved