葬儀の費用面でのトラブルを避けるため

核家族化や、実家から離れて暮らす人が増えたことで、近頃は葬儀を手伝ったりする機会が少なく、葬儀についてよく分からないという人が多いです。

そのため、いざ身内の葬儀を取り仕切らなければならなくなったとき、どうしていいか分からないということも。

そんな中、葬儀費用についてのトラブルは少なくないです。

費用トラブル

費用に関するトラブルの原因

葬儀費用に関するトラブルの原因をみると、
(1)喪主や遺族の知識不足が原因の場合
(2)葬儀社が相手の無知につけこんだことが原因の場合
に分ける事ができます。


良心的な葬儀社を選ぶ

良心的な葬儀社を選ぶことが問題解決につながるでしょう。 でも、どこが悪徳で、どこが良心的かが分かるなら、最初から苦労しないですね。

葬儀が必要になってからのタイミングでは、葬儀社の良し悪しを十分チェックする時間はありません。 納得して選ぶためには、普段からいざというときを想定して、葬儀社を調べておくことが大事です。 とくに評判とか利用者の声も大事です。


葬儀に対する教養を持つ

トラブル回避の最も確実な方法は、葬儀についても教養の一つとしてしっかり勉強しておくことです。
(このサイトが、その助けになれば幸いです)

ところで葬儀は地域による違いもありますので、親戚や親しい人などの葬儀のお手伝いを通じて学ぶことができれば、逆に自分が葬儀を取り仕切る際には、相談に乗ってもらうこともできると思いませんか。

自分が葬儀について理解することも大事ですが、信頼できる経験者が相談相手になってくれればより心強いですよね。



ピックアップ情報

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved