法事・法要

一般的に法事というと次のようなものがあります。

法事・法要

初七日法要

初七日法要は、お坊さんや親族を招いて行います。

なお近頃は初七日法要を葬儀の日に繰り上げたりすることも多いようです。


忌明け法要

忌明け法要は、一般的に49日目に行います。 地域によっては35日目とするところも多いです。

なお、お招きする方への配慮から、49日目(又は35日目)直前の休日とする場合もあります。


初盆・新盆

忌明け後、初めて迎えるお盆です。(忌明け前にお盆があった場合は、翌年のお盆に行います。)


百箇日の法要

亡くなった日を含めて100日目です。遺族だけで供養するのが一般的です。


一周忌法要

一周忌法要は、亡くなってから1年目の同月同日に行います。 年忌法要のなかでは最も重要な法要とされます。

なお、お招きする方への配慮から、命日の直前の休日とする場合もあります。


三回忌法要

三回忌法要は、亡くなってから2年目の同月同日に行います。 命日を1とし、一周忌が2回忌、その翌年だから3回忌です。

なお、お招きする方への配慮から、命日の直前の休日とする場合もあります。

その後、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌とあります。 50回忌が最後ですが、実際にはここまで法要を行うことは少ないかもしれません。 33回忌までというのをよく目にすると思います。

もし同じ年内に、年忌法要が複数ある場合、亡くなった年が近いほうの日に合わせて一緒に法要を行ったりします。



ピックアップ情報

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved