法事・法要

一般的に法事というと次のようなものがあります。

法事・法要

初七日法要

初七日法要は、お坊さんや親族を招いて行います。

なお近頃は初七日法要を葬儀の日に繰り上げたりすることも多いようです。


忌明け法要

忌明け法要は、一般的に49日目に行います。 地域によっては35日目とするところも多いです。

なお、お招きする方への配慮から、49日目(又は35日目)直前の休日とする場合もあります。


初盆・新盆

忌明け後、初めて迎えるお盆です。(忌明け前にお盆があった場合は、翌年のお盆に行います。)


百箇日の法要

亡くなった日を含めて100日目です。遺族だけで供養するのが一般的です。


一周忌法要

一周忌法要は、亡くなってから1年目の同月同日に行います。 年忌法要のなかでは最も重要な法要とされます。

なお、お招きする方への配慮から、命日の直前の休日とする場合もあります。


三回忌法要

三回忌法要は、亡くなってから2年目の同月同日に行います。 命日を1とし、一周忌が2回忌、その翌年だから3回忌です。

なお、お招きする方への配慮から、命日の直前の休日とする場合もあります。

その後、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌とあります。 50回忌が最後ですが、実際にはここまで法要を行うことは少ないかもしれません。 33回忌までというのをよく目にすると思います。

もし同じ年内に、年忌法要が複数ある場合、亡くなった年が近いほうの日に合わせて一緒に法要を行ったりします。



ピックアップ情報

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved