樹木葬とは

樹木葬は、シンボルとなる木(シンボルツリー)の周辺に遺骨を埋める埋葬です。 遺骨を埋めた場所に木をあとで植える場合もあります。

樹木葬

樹木葬調べ

樹木葬はどこも同じというものではないため、よく調べてお寺・霊園を選ぶことが大事です。 永代使用となりますので信頼できるお墓や霊園を選ぶことが大事です。 お参りしやすい ことも見落とせないでしょう。 説明会・見学会が開かれてることもありますので、気になるところへ足を運ぶことも大事です。

樹木葬では、埋葬した遺骨を返してもらうことが できないものもあります。(つまりその場合、お墓の引っ越しはできません。)

埋葬後の管理は、お寺や霊園で行います。 シンボルの樹木が倒れたり枯れたりしたときは、新しいものを植えてもらえます。

費用は、永代使用料に年間の樹木管理費などがかかるようですが、詳細はお寺・霊園に確認しておきましょう。 埋葬後の年間管理費を不要とするところもあります。


樹木葬にもいろいろ

樹木葬は調べてみると、実に様々な形があります。

自然葬に近いものもあれば、個別のお墓に近いものもあります。

里山タイプの場合、石版などの人工物は一切おかず、まさに自然に帰そうとする樹木葬もあります。 この場合、時間が経つと、どこに埋葬したのかも判別が難しくなるでしょう。

一方で、一つ一つ個別に区画を作り、プレート(石版)を配置して、個人墓あるいは夫婦墓として埋葬されるものもあります。(シンボルツリーと献花台を複数の区画で共有する樹木葬の場合、献花が途絶えにくいです。)

樹木葬の共通的な特徴としては、後継者(跡継ぎ)がいなくても作れるお墓ということです。

埋葬後一切移動しない樹木葬もあれば、ある程度の期間が過ぎると合同供養墓に移される樹木葬もあります(どちらにしても お墓の引っ越しや、墓じまいの心配は要りません)。 自身や夫婦で納得できる樹木葬を見つけましょう。



ピックアップ情報

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

納棺師の手際が良すぎて納棺経前に納棺が終わり・・
亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。納棺にも地差がありますが、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺する通例の一方で、納棺師の.....

葬式・葬儀の失敗談|喪主が遅刻(葬式の朝)
葬儀の当日の朝、家から出発する葬儀を行う会場に向かうバスの出発時刻に喪主が遅刻しました。バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

遺骨・遺灰から作るダイヤモンドで手元供養
遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れることを知っているでしょうか。この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。その人.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved