樹木葬とは

樹木葬は、シンボルとなる木(シンボルツリー)の周辺に遺骨を埋める埋葬です。 遺骨を埋めた場所に木をあとで植える場合もあります。

樹木葬

樹木葬調べ

樹木葬はどこも同じというものではないため、よく調べてお寺・霊園を選ぶことが大事です。 永代使用となりますので信頼できるお墓や霊園を選ぶことが大事です。 お参りしやすい ことも見落とせないでしょう。 説明会・見学会が開かれてることもありますので、気になるところへ足を運ぶことも大事です。

樹木葬では、埋葬した遺骨を返してもらうことが できないものもあります。(つまりその場合、お墓の引っ越しはできません。)

埋葬後の管理は、お寺や霊園で行います。 シンボルの樹木が倒れたり枯れたりしたときは、新しいものを植えてもらえます。

費用は、永代使用料に年間の樹木管理費などがかかるようですが、詳細はお寺・霊園に確認しておきましょう。 埋葬後の年間管理費を不要とするところもあります。


樹木葬にもいろいろ

樹木葬は調べてみると、実に様々な形があります。

自然葬に近いものもあれば、個別のお墓に近いものもあります。

里山タイプの場合、石版などの人工物は一切おかず、まさに自然に帰そうとする樹木葬もあります。 この場合、時間が経つと、どこに埋葬したのかも判別が難しくなるでしょう。

一方で、一つ一つ個別に区画を作り、プレート(石版)を配置して、個人墓あるいは夫婦墓として埋葬されるものもあります。(シンボルツリーと献花台を複数の区画で共有する樹木葬の場合、献花が途絶えにくいです。)

樹木葬の共通的な特徴としては、後継者(跡継ぎ)がいなくても作れるお墓ということです。

埋葬後一切移動しない樹木葬もあれば、ある程度の期間が過ぎると合同供養墓に移される樹木葬もあります(どちらにしても お墓の引っ越しや、墓じまいの心配は要りません)。 自身や夫婦で納得できる樹木葬を見つけましょう。



ピックアップ情報

終活で失敗しないために
終活に向き合うことは、自分のためにも、残された家族のためにも大事なことです。昔と違い子や孫が離れて暮らすことも多く、昔のままのお墓の仕組みがうまく.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

納棺師の映画「おくりびと」
「おくりびと」は納棺師を描いた映画です。2008年に公開された映画です。滝田洋二郎が監督し、主演は本木雅弘。第81回アカデミー賞外国語映画賞.....

葬儀の準備と亡くなった後の手続き|不慣れでも分からないと投げ出せない
亡くなった直後から葬儀の準備まで、いろいろやらなければならないことがあります。悲しみや喪失感、不慣れを理由.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved