お墓の引越しはできる?改葬が必要な時とは?

「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」

職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理が大変と悩む人は多いです。

また、一人っ子同士の夫婦などの場合、両家のお墓を管理し続けるはかなり負担になることも。

「家の近くにいい場所をを見つけたけど・・・」
「お墓とは違った方法で供養できないか?」

近頃は生活スタイルも昔とは変わっており、昔ながらのお墓の管理が難しいということは珍しくないです。

「管理ができなくなるくらいなら・・・」と、お墓の引越しや、お墓とは違った方法の供養が注目されてます。

墓と離れた住まい

お墓の引越し(改葬)

お墓の引越しのことを「改葬」といいます。

改葬を行うには、「もともとのお墓の管理者」と「引越し先のお墓の管理者」に加え、役所への手続も必要です。

まずは、引越し先墓地の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。

現在の墓地の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらいます。
(改葬に関しては否定的なご住職もおられます。実際に会ってお話ししましょう。)

役所(現在の墓地がある役所)では「改葬許可申請書」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

「改葬許可証」は、現在の墓地から遺骨を取り出すときにも必要ですし、引越し先墓地に埋葬するときにも必要です。

改葬には費用も結構かかります。

新たにお墓を購入する費用に加えて、引っ越す前のお墓で「魂抜き」のために費用が数万円~数十万円かかるでしょう。

さらに、墓を更地にするための工事費用も数十万円(30~50万円程度)かかるといわれます。

墓掃除や墓参りの代行業者

お墓の掃除や、尾墓参りを代行する業者が増えているそうです。

こういうサービスを利用するのも一つの方法ですね。

お墓の引越し(改葬)と墓じまい

本山納骨や永代供養墓への引越しも方法の一つです。

お墓の継承者がいなかったり、子供への負担を無くすために、永代供養墓を選択する人もいます。

永代供養墓への改葬は「墓じまい」と呼ぶこともあります。

手元供養

手元供養は新しい供養の形です。

遺骨などからつくった手元供養品を身近において供養するものです。(手元供養の詳細はこのページでは省略します)


ピックアップ情報

葬儀の費用でのトラブルを避けるための注意点
核家族化や実家から離れて暮らす人が増え、近頃は葬儀を手伝う機会がなく、葬儀を分からない人が多いです。いざ身内の葬儀を仕切らなければならないとき、不慣れなた.....

亡くなった後の手続き|家族が困らないための知識も
身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。まずは亡くなった後の手続きが待ってます。医師の「死亡診断書」、市町村役場の.....

失礼のない相応しい葬式・通夜の服装
葬式やお通夜は突然のことです。 大切な方が亡くなれた時は、悲しみのあまり、何も手につかなくなってしまうことも…でも、故人.....

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved