香典返しの礼状に使用・関係する ことば・意味

香典(こうでん)
現金を不祝儀用ののし袋に包んだものです。線香・抹香(粉末状の香)や花の代わりに霊前に供えます。

供物(そなえもの・くもつ)
神または仏の前に供えるもの。
「・・・ご丁重なるお供物を賜わり・・・」

厚志(こうし)
親切な心づかいや、思いやりの気持ち。
「・・・御鄭重なる御厚志を賜わり・・・」

弔辞(ちょうじ)
亡くなった人を弔うことば

弔詞(ちょうし)
「弔辞」と同じ
「・・・ご懇篤なるご弔詞をいただき・・・」

芳志(ほうし)
親切なお志。
「・・・ご芳志のほどまことにありがたく・・・」

弔電(ちょうでん)
お悔やみの電報です。ご葬儀に参列できない時に、ご遺族に弔意を伝えるものです。

(こころざし)
香典返しや、法事の引き出物などの表書きです。

志と法事の引き出物

忌明けの挨拶状(きあけのあいさつじょう)
仏式では四十九日(地域によっては三十五日)、神式では五十日祭で忌明けとし、その際挨拶状を送ります。忌明けの挨拶状と、香典返しを兼ねていることが多いです。


紛らわしい言葉や習慣に注意!

「志(こころざし)」と「寸志(すんし)」
「志」は、香典返しや、法事の引き出物などの包みの表に書く言葉です。僧への布施の包みにも使われます。
「寸志」は、「目上の者が、目下の者に渡す場合」に包みの表や のしに書かれる言葉です。葬儀や法事では、使われることのない言葉ですので、間違えないようにしたいです。

不祝儀袋と祝儀袋に入れる札の違い
不祝儀袋に入れるお金について、ピン札は嫌われます。まるで不幸に際することを準備してたかのように思われるからとのことです。
逆に結婚式などの祝儀袋に入れるお金は、ピン札が基本です。全く逆の意味になるので、間違わないようにしたいです。


ピックアップ情報

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

伊丹十三監督作品「お葬式」
「お葬式」は、あの伊丹十三の初監督作品です。1984年公開の映画です。日本アカデミー賞を始めとする各映画賞を総なめにしました。葬式をコミカルに描き、キャス.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved