無縁墓となったお墓

核家族化や少子化などを背景に、子・孫などの跡取り(跡継ぎ・後継者)がおらず、お墓の継承者がいない「無縁墓」となるケースがかなりあります。

子や孫がいても、遠く離れて暮らすために、お墓の維持管理が現実的できなくなっている場合もあります。 管理料さえ納めていれば、無縁墓ではないですが、いつまでも そのお墓のある土地に戻ってくる見込みがないとすれば、将来的には無縁墓になる可能性が高いですね。

荒れたお墓

これまでのお墓のあり方

通常、お墓を使用するには管理料を払い続ける必要があります。(お墓建立時に永代使用料を払って手に入れた墓地でも、管理料は別途払い続けるのが普通です。)

もともと家を中心とした社会だったので、親から子、子から孫と、「家」も「お墓」も代々継承されていくものでしたので、こういう形が合理的で、当たり前のものでした。


社会の変化による影響

時代とともに社会の在り方も変わり、仕事・経済活動の範囲が大幅に拡大し、親とは離れた土地に住む子や孫が増えました。県外はもちろん、海外も珍しくないです。

また少子化の背景もあり、お墓を継承する人がいないケースも多いです。


どうなる無縁墓

お墓の継承者がいないお墓は、維持管理をする人も、管理料を払う人もいません。こういうお墓は「無縁墓」と呼ばれます。

この場合どうなるのでしょうか?

無縁墓として手続きされたあと、お寺によって遺骨が取り出され、他の遺骨と一緒にまとめて埋葬されることになります。

強制的な墓じまいですね。

無縁墓を放置しておくのは、墓地全体にもいいことではないです。 その墓が荒れ、周りにもその影響が及ぶことも考えられます。 墓じまいはやむを得ないことかと思います。



ピックアップ情報

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved