無縁墓となったお墓

核家族化や少子化などを背景に、子・孫などの跡取り(跡継ぎ・後継者)がおらず、お墓の継承者がいない「無縁墓」となるケースがかなりあります。

子や孫がいても、遠く離れて暮らすために、お墓の維持管理が現実的できなくなっている場合もあります。 管理料さえ納めていれば、無縁墓ではないですが、いつまでも そのお墓のある土地に戻ってくる見込みがないとすれば、将来的には無縁墓になる可能性が高いですね。

荒れたお墓

これまでのお墓のあり方

通常、お墓を使用するには管理料を払い続ける必要があります。(お墓建立時に永代使用料を払って手に入れた墓地でも、管理料は別途払い続けるのが普通です。)

もともと家を中心とした社会だったので、親から子、子から孫と、「家」も「お墓」も代々継承されていくものでしたので、こういう形が合理的で、当たり前のものでした。


社会の変化による影響

時代とともに社会の在り方も変わり、仕事・経済活動の範囲が大幅に拡大し、親とは離れた土地に住む子や孫が増えました。県外はもちろん、海外も珍しくないです。

また少子化の背景もあり、お墓を継承する人がいないケースも多いです。


どうなる無縁墓

お墓の継承者がいないお墓は、維持管理をする人も、管理料を払う人もいません。こういうお墓は「無縁墓」と呼ばれます。

この場合どうなるのでしょうか?

無縁墓として手続きされたあと、お寺によって遺骨が取り出され、他の遺骨と一緒にまとめて埋葬されることになります。

強制的な墓じまいですね。

無縁墓を放置しておくのは、墓地全体にもいいことではないです。 その墓が荒れ、周りにもその影響が及ぶことも考えられます。 墓じまいはやむを得ないことかと思います。



ピックアップ情報

納棺師を頼んだけど納棺に慣れた親族もいて・・
亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

終活で失敗しないために
終活に向き合うことは、自分のためにも、残された家族のためにも大事なことです。昔と違い子や孫が離れて暮らすことも多く、昔のままのお墓の仕組みがうまく.....

「寝ずの番」・通夜を描いた映画(2006年公開)
「寝ずの番」はマキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品で2006年公開の映画です。中島らも原作で「通夜」を描いた映画。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved