無縁墓となったお墓

核家族化や少子化などを背景に、子・孫などの跡取り(跡継ぎ・後継者)がおらず、お墓の継承者がいない「無縁墓」となるケースがかなりあります。

子や孫がいても、遠く離れて暮らすために、お墓の維持管理が現実的できなくなっている場合もあります。 管理料さえ納めていれば、無縁墓ではないですが、いつまでも そのお墓のある土地に戻ってくる見込みがないとすれば、将来的には無縁墓になる可能性が高いですね。

荒れたお墓

これまでのお墓のあり方

通常、お墓を使用するには管理料を払い続ける必要があります。(お墓建立時に永代使用料を払って手に入れた墓地でも、管理料は別途払い続けるのが普通です。)

もともと家を中心とした社会だったので、親から子、子から孫と、「家」も「お墓」も代々継承されていくものでしたので、こういう形が合理的で、当たり前のものでした。


社会の変化による影響

時代とともに社会の在り方も変わり、仕事・経済活動の範囲が大幅に拡大し、親とは離れた土地に住む子や孫が増えました。県外はもちろん、海外も珍しくないです。

また少子化の背景もあり、お墓を継承する人がいないケースも多いです。


どうなる無縁墓

お墓の継承者がいないお墓は、維持管理をする人も、管理料を払う人もいません。こういうお墓は「無縁墓」と呼ばれます。

この場合どうなるのでしょうか?

無縁墓として手続きされたあと、お寺によって遺骨が取り出され、他の遺骨と一緒にまとめて埋葬されることになります。

強制的な墓じまいですね。

無縁墓を放置しておくのは、墓地全体にもいいことではないです。 その墓が荒れ、周りにもその影響が及ぶことも考えられます。 墓じまいはやむを得ないことかと思います。



ピックアップ情報

亡くなった後の手続き|家族が困らないための知識も
身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。まずは亡くなった後の手続きが待ってます。医師の「死亡診断書」、市町村役場の.....

失礼のない相応しい葬式・通夜の服装
葬式やお通夜は突然のことです。 大切な方が亡くなれた時は、悲しみのあまり、何も手につかなくなってしまうことも…でも、故人.....

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

葬儀の費用でのトラブルを避けるための注意点
核家族化や実家から離れて暮らす人が増え、近頃は葬儀を手伝う機会がなく、葬儀を分からない人が多いです。いざ身内の葬儀を仕切らなければならないとき、不慣れなた.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved