お墓を買わなくても供養はできる

「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識だったと思います。

ですので、高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のこととして捉えられていました。

ところが、実はお墓を買わなくて済ませる方法もあります。

少子化や核家族化などで、家族・親族のあり方が変化している今日、お墓を買わない供養のあり方はすごく注目されてます。

お墓を買わない選択肢

お寺などが管理する共同のお墓にはいる

ほかの人と一緒のお墓などに納骨されるため、合祀墓、合同墓、合葬墓、共同墓、集合墓などと呼ばれます。

費用を最初に1度払うと、その後は管理料やお布施などの費用が一切かからないで、お寺などが供養をしてくれる永代供養墓があります。

永代供養墓の費用や供養の方法・頻度・期間などはお寺や墓地などによって異なりますので、内容の確認が必要です。

費用は10万~100万円を超えるところまで幅広いですが、中心的なところは30万~50万円程度が多いようです。

ちなみに、分骨して手元供養と組合わせても、お墓を持たないまま供養ができます。

本山納骨

遺骨を全て本山納骨する場合も、お墓を準備しなくて済みます。

本山納骨の大きなメリットの一つに破格の納骨料が挙げられます(5万円程度から20万円程度かかる場合も)。年間管理費や寄付も必要とせず経済的な負担が軽く済むようです。

本山納骨は共同墓なので、あとから遺骨を返してもらうことはできません。

過去の宗派を問わずに受け入れる本山が多く、意外に門戸は広いです。

本山納骨を受け入れているお寺は数々あります。例えば、真言宗総本山金剛峯寺、天台宗総本山比叡山延暦寺、浄土宗総本山知恩院、浄土真宗大谷派総本山東本願寺、浄土真宗本願寺派西本願寺、日蓮宗総本山久遠寺、曹洞宗総本山永平寺、和宗総本山四天王寺 一心寺・・・など。

本山選びでは、交通などお参りのしやすさも大事なポイントですね。

ちなみに、分骨して手元供養と組合わせても、お墓を持たないまま供養ができます。

樹木葬

シンボルツリーの周りに埋葬していく樹木葬には、墓石を必要としないタイプも多いです。

個別のお墓として個人や夫婦だけで入るお墓でありながら、永代供養がついている場合もあり、埋葬後の維持管理の心配が要らないものもあります。(継続して管理料がかかる場合もあるそうです。)

手元供養

手元供養は新しい供養の形です。

遺骨などからつくった手元供養品を身近において供養するものです。(手元供養の詳細はこのページでは省略します)


ピックアップ情報

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved