通夜・葬式後の忌中|飲み会は断る?それとも参加?

近親者が亡くなり忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合もあります)にある場合、基本的には飲み会などには参加しないほうがいいです。

とはいえ、近頃は社会情勢が昔と異なることもあり、考え方がかなり緩くなっていると思います。 また意見も多様化しています。 忌中の飲み会参加については、賛否意見が分かれることも多いです。

飲み会・酒飲み

仕事の付き合いは優先していい?

仕事上の付き合いや、歓迎会・送別会など特別な意味を持った飲み会などについては、やむを得ないと考える人も少なくないです。

昔なら、忌中を理由に断っても、皆が納得していたかもしれませんが、近頃はそうとは限らない場合もあるでしょう。 「忌中の飲酒は控えるべき」というのが、全ての人の共通認識ではなくなっています。

現代の忌中のありかたは、考え方が一様じゃないだけに、逆に判断が難しいのかもしれませんね。

そのため、例えば飲み会には参加するけど、恒例だった家族旅行などを自粛するという人もいます。 普段の生活にムリがかからないように、適宜判断していくことも大事ですね。

参加するにしても、できるだけ早めに帰るとか、可能なら二次会・三次会は辞退するなどの配慮も大事なことだと思います。


昔堅気の人には叱られることも

いくら仕事関係だとしても、昔堅気の人にはもしかしたら叱られるかもしれません。

親戚に厳しい人がいるときは、覚悟するしかないかもしれません。 故人を優先して考えてくれてることでしょうし、それはありがたいことと受け取るべきでしょう。



ピックアップ情報

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

伊丹十三監督作品「お葬式」
「お葬式」は、あの伊丹十三の初監督作品です。1984年公開の映画です。日本アカデミー賞を始めとする各映画賞を総なめにしました。葬式をコミカルに描き、キャス.....

失礼のない相応しい葬式・通夜の服装
葬式やお通夜は突然のことです。 大切な方が亡くなれた時は、悲しみのあまり、何も手につかなくなってしまうことも…でも、故人.....

納棺師を頼んだけど納棺に慣れた親族もいて・・
亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから.....

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved