幼児のはちゃめちゃ行動による失敗談

通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変ですね。

父の葬式のときのことです。 子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、3歳の子も一緒に葬式にでました。

葬式と子供

静かにするのに耐え切れず・・

ところが3歳になる子にとって、さすがに葬式は長すぎたようです。

途中でしゃべり出したので、何度かはだましだましで静かにさせましたが、だんだん聞かなくなってきました。

お経が続き、シーンとした雰囲気の中で、子供の声はひときわ目立ちます。

子供がうるさいとはいえ、「途中で席を立つこともまずいのではないか・・・」と、内心はらはらで、なんとか静かになって欲しいと子供をあやすのですが、なかなかうまくいきません。

そうしているうちに、とうとう子供が叫んじゃいました。


やってしまった

厳しい親戚のおばさんが振り返り、「外へ!」と指差したので、それをきっかけに、そそくさと会場の外にでました。 退場のレッドカードです。

ちなみに、前日の通夜では、お客さんも多いので迷惑をかけないようにと、子供と一緒に奥の控え室で待っていたのですが、葬式は出たいと思い、がんばってみたのでした。


終わってみて考えると

序盤はぎりぎりセーフとしても、最後は子供が我慢できずに叫んでしまい、親としてもはらはらしました。

それでも後で考えてみると、子供本人にとっては、おじいちゃんの葬式ですし出ることができて、よかったかなと思います。

反省点としては、子供が叫ぶ前に、外に連れ出せればよかったのかもしれません。



ピックアップ情報

「寝ずの番」・通夜を描いた映画(2006年公開)
「寝ずの番」はマキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品で2006年公開の映画です。中島らも原作で「通夜」を描いた映画。.....

納棺師を頼んだけど納棺に慣れた親族もいて・・
亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

終活で失敗しないために
終活に向き合うことは、自分のためにも、残された家族のためにも大事なことです。昔と違い子や孫が離れて暮らすことも多く、昔のままのお墓の仕組みがうまく.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved