幼児のはちゃめちゃ行動による失敗談

通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変ですね。

父の葬式のときのことです。 子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、3歳の子も一緒に葬式にでました。

葬式と子供

静かにするのに耐え切れず・・

ところが3歳になる子にとって、さすがに葬式は長すぎたようです。

途中でしゃべり出したので、何度かはだましだましで静かにさせましたが、だんだん聞かなくなってきました。

お経が続き、シーンとした雰囲気の中で、子供の声はひときわ目立ちます。

子供がうるさいとはいえ、「途中で席を立つこともまずいのではないか・・・」と、内心はらはらで、なんとか静かになって欲しいと子供をあやすのですが、なかなかうまくいきません。

そうしているうちに、とうとう子供が叫んじゃいました。


やってしまった

厳しい親戚のおばさんが振り返り、「外へ!」と指差したので、それをきっかけに、そそくさと会場の外にでました。 退場のレッドカードです。

ちなみに、前日の通夜では、お客さんも多いので迷惑をかけないようにと、子供と一緒に奥の控え室で待っていたのですが、葬式は出たいと思い、がんばってみたのでした。


終わってみて考えると

序盤はぎりぎりセーフとしても、最後は子供が我慢できずに叫んでしまい、親としてもはらはらしました。

それでも後で考えてみると、子供本人にとっては、おじいちゃんの葬式ですし出ることができて、よかったかなと思います。

反省点としては、子供が叫ぶ前に、外に連れ出せればよかったのかもしれません。



ピックアップ情報

通夜での失敗談:香典返しが不足する事態に・・
香典返しは、忌明けのご挨拶とともに送る地域が多いと聞きますが、私の地域では、会葬のときに会葬礼状を添えて渡すのが慣例。そこで準備する香典返しの「数.....

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved