幼児のはちゃめちゃ行動による失敗談

通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変ですね。

父の葬式のときのことです。 子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、3歳の子も一緒に葬式にでました。

葬式と子供

静かにするのに耐え切れず・・

ところが3歳になる子にとって、さすがに葬式は長すぎたようです。

途中でしゃべり出したので、何度かはだましだましで静かにさせましたが、だんだん聞かなくなってきました。

お経が続き、シーンとした雰囲気の中で、子供の声はひときわ目立ちます。

子供がうるさいとはいえ、「途中で席を立つこともまずいのではないか・・・」と、内心はらはらで、なんとか静かになって欲しいと子供をあやすのですが、なかなかうまくいきません。

そうしているうちに、とうとう子供が叫んじゃいました。


やってしまった

厳しい親戚のおばさんが振り返り、「外へ!」と指差したので、それをきっかけに、そそくさと会場の外にでました。 退場のレッドカードです。

ちなみに、前日の通夜では、お客さんも多いので迷惑をかけないようにと、子供と一緒に奥の控え室で待っていたのですが、葬式は出たいと思い、がんばってみたのでした。


終わってみて考えると

序盤はぎりぎりセーフとしても、最後は子供が我慢できずに叫んでしまい、親としてもはらはらしました。

それでも後で考えてみると、子供本人にとっては、おじいちゃんの葬式ですし出ることができて、よかったかなと思います。

反省点としては、子供が叫ぶ前に、外に連れ出せればよかったのかもしれません。



ピックアップ情報

納棺師の手際が良すぎて納棺経前に納棺が終わり・・
亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。納棺にも地差がありますが、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺する通例の一方で、納棺師の.....

お墓・仏壇を買わない供養|散骨・永代供養墓・手元供養・共同供養墓
お墓や仏壇の購入にはまとまったお金が必要です。近頃の住宅事情を考えると、従来型の仏壇を購入しても置き場所に困ることも。「お墓や.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

納棺師の映画「おくりびと」
「おくりびと」は納棺師を描いた映画です。2008年に公開された映画です。滝田洋二郎が監督し、主演は本木雅弘。第81回アカデミー賞外国語映画賞.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved