喪主がたおれていない通夜

父が、亡くなった祖父の葬儀で喪主をしたときの話です。

通夜の晩、喪主の父が突然ダウンし、通夜に出られない状態になり、急遽、兄が代理で御挨拶したことがありました。 その間、父は点滴されたまま休養を余儀なくされました。

痛み止め

ことの経緯

どうしてそうなったのか?

もともと祖父の介護で疲れていたことと、葬儀の段取りなどでも疲れがかなりたまっていたようでした。 でも周りにはそんなことは感じさせずにいました。

そんななか通夜の日になって、耐え切れないほどの歯の痛みを訴え、父は痛み止め(バファ●ン)を飲みました。

ところが、なかなか痛みは止みません。 通夜開始の時間も刻々と迫ってきて、焦りも募ってきます。痛いままでまともな挨拶なんてできません。 焦りと痛みの混乱で、さらに痛み止めを追加して飲んでしまったのでした。


その結果・・

気がついた周りも止めましたが、すでに遅く、本人、ガリガリ音を立て薬を噛み潰し、飲み込んでしまいました。

暫くして、薬が効いてきました。もちろん効きすぎるほどに。 くらくらすると言って立てません。当たり前ですが、薬の飲みすぎです。

そのまま、病院に連れて行き、点滴を打たれてしばらく休養が必要となりました。 通夜には出られません。

結局、通夜の御挨拶は兄が変わりにすることになり、父は病室でその日を過ごしたのでした。

長い介護ののちに亡くなり、休む間もなく葬儀というのは、決して珍しいことではないです。こんな失敗は意外とありがちのことかもしれないです。



ピックアップ情報

納棺師の映画「おくりびと」
「おくりびと」は納棺師を描いた映画です。2008年に公開された映画です。滝田洋二郎が監督し、主演は本木雅弘。第81回アカデミー賞外国語映画賞.....

納棺師の手際が良すぎて納棺経前に納棺が終わり・・
亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。納棺にも地差がありますが、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺する通例の一方で、納棺師の.....

お墓・仏壇を買わない供養|散骨・永代供養墓・手元供養・共同供養墓
お墓や仏壇の購入にはまとまったお金が必要です。近頃の住宅事情を考えると、従来型の仏壇を購入しても置き場所に困ることも。「お墓や.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved