手際が良すぎる納棺師による失敗

亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。

納棺は、通夜の前に白装束で整えて棺に納めます。 納棺師にお願いする場合もあれば、遺族の手で整える場合もあります。

供養

まさかの事態

納棺も地域による差があると思いますが、私の地域では、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺するのが通例。 ところが・・・

お願いしていた納棺師、手際が良すぎて、どんどん納棺を進めてしまい、お坊さんが到着した頃には納棺が終わってしまっていました。

一般的には納棺経を省略する場合も多いと聞きますが、せっかくお坊さんにも来ていただいたのに・・・ちょっと気まずい感じでした。

手際が良すぎて上手くいかないなんて、予想もできませんでした。

葬儀についてよく知っていれば、納棺師に待ってもらうということもできたのでしょうが、分からないって辛いですね。


詳しい親族のツッコミ

こういう失敗って、詳しくて厳しい親族の格好の標的になるのでした。

ちくちく嫌味が聞こえてくることも。

でも一つのことだけを気にして思考を止めたら、全体の流れを滞らせかねないので、失敗は失敗として反省しつつも、気持ちを残さないように進むことも大事だと思います。

時が過ぎれば、いつかは笑い話にできるものです。 のちの法事の度に思い出話として、話のネタになると思えば少しは気が楽になります。


後日談

このくらいの小さなミスだと、暫くしたら皆の記憶からは消えてしまったようでした。 その後法事で集まった時にも、話のネタになることさえなかったのでした。



ピックアップ情報

葬式・葬儀の失敗談|喪主が遅刻(葬式の朝)
葬儀の当日の朝、家から出発する葬儀を行う会場に向かうバスの出発時刻に喪主が遅刻しました。バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

遺骨・遺灰から作るダイヤモンドで手元供養
遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れることを知っているでしょうか。この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。その人.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved