手際が良すぎる納棺師による失敗

亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。

納棺は、通夜の前に白装束で整えて棺に納めます。 納棺師にお願いする場合もあれば、遺族の手で整える場合もあります。

供養

まさかの事態

納棺も地域による差があると思いますが、私の地域では、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺するのが通例。 ところが・・・

お願いしていた納棺師、手際が良すぎて、どんどん納棺を進めてしまい、お坊さんが到着した頃には納棺が終わってしまっていました。

一般的には納棺経を省略する場合も多いと聞きますが、せっかくお坊さんにも来ていただいたのに・・・ちょっと気まずい感じでした。

手際が良すぎて上手くいかないなんて、予想もできませんでした。

葬儀についてよく知っていれば、納棺師に待ってもらうということもできたのでしょうが、分からないって辛いですね。


詳しい親族のツッコミ

こういう失敗って、詳しくて厳しい親族の格好の標的になるのでした。

ちくちく嫌味が聞こえてくることも。

でも一つのことだけを気にして思考を止めたら、全体の流れを滞らせかねないので、失敗は失敗として反省しつつも、気持ちを残さないように進むことも大事だと思います。

時が過ぎれば、いつかは笑い話にできるものです。 のちの法事の度に思い出話として、話のネタになると思えば少しは気が楽になります。


後日談

このくらいの小さなミスだと、暫くしたら皆の記憶からは消えてしまったようでした。 その後法事で集まった時にも、話のネタになることさえなかったのでした。



ピックアップ情報

失礼のない相応しい葬式・通夜の服装
葬式やお通夜は突然のことです。 大切な方が亡くなれた時は、悲しみのあまり、何も手につかなくなってしまうことも…でも、故人.....

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

葬儀の費用でのトラブルを避けるための注意点
核家族化や実家から離れて暮らす人が増え、近頃は葬儀を手伝う機会がなく、葬儀を分からない人が多いです。いざ身内の葬儀を仕切らなければならないとき、不慣れなた.....

亡くなった後の手続き|家族が困らないための知識も
身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。まずは亡くなった後の手続きが待ってます。医師の「死亡診断書」、市町村役場の.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved