手際が良すぎる納棺師による失敗

亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。

納棺は、通夜の前に白装束で整えて棺に納めます。 納棺師にお願いする場合もあれば、遺族の手で整える場合もあります。

供養

まさかの事態

納棺も地域による差があると思いますが、私の地域では、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺するのが通例。 ところが・・・

お願いしていた納棺師、手際が良すぎて、どんどん納棺を進めてしまい、お坊さんが到着した頃には納棺が終わってしまっていました。

一般的には納棺経を省略する場合も多いと聞きますが、せっかくお坊さんにも来ていただいたのに・・・ちょっと気まずい感じでした。

手際が良すぎて上手くいかないなんて、予想もできませんでした。

葬儀についてよく知っていれば、納棺師に待ってもらうということもできたのでしょうが、分からないって辛いですね。


詳しい親族のツッコミ

こういう失敗って、詳しくて厳しい親族の格好の標的になるのでした。

ちくちく嫌味が聞こえてくることも。

でも一つのことだけを気にして思考を止めたら、全体の流れを滞らせかねないので、失敗は失敗として反省しつつも、気持ちを残さないように進むことも大事だと思います。

時が過ぎれば、いつかは笑い話にできるものです。 のちの法事の度に思い出話として、話のネタになると思えば少しは気が楽になります。


後日談

このくらいの小さなミスだと、暫くしたら皆の記憶からは消えてしまったようでした。 その後法事で集まった時にも、話のネタになることさえなかったのでした。



ピックアップ情報

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved