手際が良すぎる納棺師による失敗

亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。

納棺は、通夜の前に白装束で整えて棺に納めます。 納棺師にお願いする場合もあれば、遺族の手で整える場合もあります。

供養

まさかの事態

納棺も地域による差があると思いますが、私の地域では、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺するのが通例。 ところが・・・

お願いしていた納棺師、手際が良すぎて、どんどん納棺を進めてしまい、お坊さんが到着した頃には納棺が終わってしまっていました。

一般的には納棺経を省略する場合も多いと聞きますが、せっかくお坊さんにも来ていただいたのに・・・ちょっと気まずい感じでした。

手際が良すぎて上手くいかないなんて、予想もできませんでした。

葬儀についてよく知っていれば、納棺師に待ってもらうということもできたのでしょうが、分からないって辛いですね。


詳しい親族のツッコミ

こういう失敗って、詳しくて厳しい親族の格好の標的になるのでした。

ちくちく嫌味が聞こえてくることも。

でも一つのことだけを気にして思考を止めたら、全体の流れを滞らせかねないので、失敗は失敗として反省しつつも、気持ちを残さないように進むことも大事だと思います。

時が過ぎれば、いつかは笑い話にできるものです。 のちの法事の度に思い出話として、話のネタになると思えば少しは気が楽になります。


後日談

このくらいの小さなミスだと、暫くしたら皆の記憶からは消えてしまったようでした。 その後法事で集まった時にも、話のネタになることさえなかったのでした。



ピックアップ情報

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved