納棺に慣れた親族とプロの納棺師

亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。

ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから、納棺師はいらないと言いだしました。

供養

納棺師はもう到着しているのに

依頼した納棺師はすでに到着しており、仕事にかかれる状態です。

自分が整えるつもりだった様子の父の姉も、納棺師がいたことに、逆に驚いたのかもしれませんが・・

「急にそんなこといわれても・・・」

結局、当初の予定通り納棺師に納棺を依頼することに落ち着きましたが、父の姉としては暫く不満がおさまらない様子でした。


トラブルの背景

以前は家族や身内の手で納棺を行うのがごく普通だったそうでした。 そしてその父の姉もこれまで何人もの納棺を手掛けてきた人だったのでした。

そのことを事前に知っていれば、トラブルになることもなかったのですが、情報交換が普段から行われていなかったことがトラブルの原因となりました。

慣れない葬儀の準備などでバタバタしていたことと、父の姉も頑固な人だっただけに、ちょっとした騒動じみてしまいました。


トラブルになってから気づく

核家族化や近所づきあいの希薄化で、葬儀を手伝う経験も昔より少なくなり、葬儀の進行では知らないことがたくさんあります。

葬儀を取り仕切った親族代表が、転勤族のため仕事の都合で長いこと実家から離れたところに住んでいたことも、親戚との連絡が密に取れない背景となっています。

でも分からないからと止まるわけにもいかず、分からないまま進んでトラブルになって初めて気づくこともあります。

よく分かっている年輩の人からすると歯がゆく見えるのかもしれませんね。



ピックアップ情報

葬儀の準備と亡くなった後の手続き|不慣れでも分からないと投げ出せない
亡くなった直後から葬儀の準備まで、いろいろやらなければならないことがあります。悲しみや喪失感、不慣れを理由.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

通夜での失敗談:香典返しが不足する事態に・・
香典返しは、忌明けのご挨拶とともに送る地域が多いと聞きますが、私の地域では、会葬のときに会葬礼状を添えて渡すのが慣例。そこで準備する香典返しの「数.....

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved