葬式の朝 喪主が遅刻して出発が遅れ・・失敗談

葬式当日、家から葬式の会場に向かうバスが到着し、親戚一同バスに乗り込みました。

ほぼ全員が乗り込み、出発の時刻となりました。 ところが・・・

バスに遅れて

喪主がいない

出発時刻を過ぎても、バスに一緒に乗っていくはずの喪主の姿がありません。

バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪主を待って、バス内に変な緊張感が漂いました。

「喪主は何してるの?」「時間、大丈夫?」そんな声もささやかれていました。

葬儀屋さんのバスの運転手も苦笑しつつ困った表情。 近い身内とはいえ、喪主が遅れて待たせている状況に、家族には辛い時間が流れました。


喪主が到着

気まずい雰囲気が漂う中、喪主がお骨を抱えてバスに入ってきました。

「ごめん、ごめん、時間を間違えてました。」

結果的にバスの出発時間が遅れたのは、ほんの10分ほどのことでした。

喪主をの乗せた後すぐバスは出発し、それ以上の問題にはならずにすみましたが、冷や冷やした出来事でした。 ま、どんまい、どんまい。

ちなみに、喪主がバスに遅れて何をしてたかというと、近くの銭湯に行ってました。 バスの出発時間を20分間違えていたそうで、早く帰ってきたつもりが、帰ってきた時間には、もうバスの出発時間。

慌てて喪服に着替えて、お骨を抱えて、バスに飛び乗ったという状態に、本人も周りもはらはらしました。

前日の通夜で夜遅くまで親戚などと故人をしのび、線香をあげたりなど、なかなか風呂に入るタイミングも難しかったとはいえ、なかなかイタイ風呂になってしまったのでした。



ピックアップ情報

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved