葬式の朝 喪主が遅刻して出発が遅れ・・失敗談

葬式当日、家から葬式の会場に向かうバスが到着し、親戚一同バスに乗り込みました。

ほぼ全員が乗り込み、出発の時刻となりました。 ところが・・・

バスに遅れて

喪主がいない

出発時刻を過ぎても、バスに一緒に乗っていくはずの喪主の姿がありません。

バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪主を待って、バス内に変な緊張感が漂いました。

「喪主は何してるの?」「時間、大丈夫?」そんな声もささやかれていました。

葬儀屋さんのバスの運転手も苦笑しつつ困った表情。 近い身内とはいえ、喪主が遅れて待たせている状況に、家族には辛い時間が流れました。


喪主が到着

気まずい雰囲気が漂う中、喪主がお骨を抱えてバスに入ってきました。

「ごめん、ごめん、時間を間違えてました。」

結果的にバスの出発時間が遅れたのは、ほんの10分ほどのことでした。

喪主をの乗せた後すぐバスは出発し、それ以上の問題にはならずにすみましたが、冷や冷やした出来事でした。 ま、どんまい、どんまい。

ちなみに、喪主がバスに遅れて何をしてたかというと、近くの銭湯に行ってました。 バスの出発時間を20分間違えていたそうで、早く帰ってきたつもりが、帰ってきた時間には、もうバスの出発時間。

慌てて喪服に着替えて、お骨を抱えて、バスに飛び乗ったという状態に、本人も周りもはらはらしました。

前日の通夜で夜遅くまで親戚などと故人をしのび、線香をあげたりなど、なかなか風呂に入るタイミングも難しかったとはいえ、なかなかイタイ風呂になってしまったのでした。



ピックアップ情報

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

遺骨・遺灰から作るダイヤモンドで手元供養
遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れることを知っているでしょうか。この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。その人.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved