葬式の朝 喪主が遅刻して出発が遅れ・・失敗談

葬式当日、家から葬式の会場に向かうバスが到着し、親戚一同バスに乗り込みました。

ほぼ全員が乗り込み、出発の時刻となりました。 ところが・・・

バスに遅れて

喪主がいない

出発時刻を過ぎても、バスに一緒に乗っていくはずの喪主の姿がありません。

バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪主を待って、バス内に変な緊張感が漂いました。

「喪主は何してるの?」「時間、大丈夫?」そんな声もささやかれていました。

葬儀屋さんのバスの運転手も苦笑しつつ困った表情。 近い身内とはいえ、喪主が遅れて待たせている状況に、家族には辛い時間が流れました。


喪主が到着

気まずい雰囲気が漂う中、喪主がお骨を抱えてバスに入ってきました。

「ごめん、ごめん、時間を間違えてました。」

結果的にバスの出発時間が遅れたのは、ほんの10分ほどのことでした。

喪主をの乗せた後すぐバスは出発し、それ以上の問題にはならずにすみましたが、冷や冷やした出来事でした。 ま、どんまい、どんまい。

ちなみに、喪主がバスに遅れて何をしてたかというと、近くの銭湯に行ってました。 バスの出発時間を20分間違えていたそうで、早く帰ってきたつもりが、帰ってきた時間には、もうバスの出発時間。

慌てて喪服に着替えて、お骨を抱えて、バスに飛び乗ったという状態に、本人も周りもはらはらしました。

前日の通夜で夜遅くまで親戚などと故人をしのび、線香をあげたりなど、なかなか風呂に入るタイミングも難しかったとはいえ、なかなかイタイ風呂になってしまったのでした。



ピックアップ情報

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved