知っているつもりでは困る散骨のこと

散骨は、粉末状にした遺骨を海や山にまきます。

テレビなどで話題になったことで、一気に広く知られるようになりました。

散骨

散骨とお墓の違い

自然に還るという意味では、最も早い方法です。 散骨された遺骨は、海や土に溶け込み、自然の連鎖の中に消化されていきます。

散骨の場合、当たり前ですが遺骨を納めるための「お墓」や「納骨堂」などを必要としません。

それはつまり、その後の維持管理の手間や費用が要らないことも示します。 でもその一方で、残された家族が お参りする 「お墓」等がないことでもあります。

お墓の後継者がいなかったり、あるいは子や孫にお墓の負担を掛けたくないという理由で、散骨を希望する人もいます。

しかし一方で、故人を偲ぶときに、ゆかりのある人たちが手を合わせる対象が何もないというのも寂しい感じもします。

その寂しさを解決する方法の一つとして、一部を分骨して手元供養するという人もいるようです。


散骨の変化と業者について

散骨は、一時期すごく注目された方法です。 最初の頃は規制もなく、いろんなところで散骨が行われたそうです。

しかし場所によっては散骨されることを望まない人たちの利害もあり問題もありました。 その結果、散骨についての規制が広がっているため、以前ほど場所を自由に選べなくなっています。

例えば海に散骨する場合、そこには漁業権や航路への配慮も必要です。 散骨は経験のある専門のノウハウを持った業者に依頼することが大事かもしれません。

散骨は本人が希望しても、遺族に抵抗がある場合も多いです。 しっかり話し合う必要がありそうです。



ピックアップ情報

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved