見落し注意!亡くなった直後から葬儀の準備まで

葬儀の準備にはいろいろやらなければならないことがあります。 亡くなった直後からいろいろありますので、何をすべきか事前に勉強しておくことも大事です。

できるだけ家族や身内の人が協力して行えるようにしたいです。

もし葬儀に対して故人の特に意向がある場合には、できるだけ尊重してあげたいところですね。

近頃は自然葬や永代供養墓など、従来の形式にこだわらない葬儀を希望される場合も少なくないです。

臨終から葬儀準備

遺体について

病院などで亡くなった場合、遺体を自宅などに搬送することが必要になります。

遺体の搬送には寝台車が用いられ、一般の車両で搬送するわけにいきません。 寝台車の手配は、病院や葬儀社に相談しましょう。

集合住宅などで、自宅に運ぶのが難しいことから、斎場に搬送するケースも増えてるそうです。

葬儀社によっては斎場を自前で持っていて、すぐに遺体の搬送受け入れを行っている場合もあります。

遺体の搬送の関係で、葬儀社や斎場の選定が早い段階で必要になる場合もありますね。

自宅に遺体を連れ帰る場合は、遺体を安置する部屋の準備が必要です。

遺体は布団に寝かせ、枕飾りを整え、枕飯、枕団子などを供えて焼香します。
(葬儀社を決めていれば、異体の安置や枕飾りを整えるのも葬儀社で対応してくれます)

お寺にも連絡して、枕経を依頼します。(枕経を省略する場合もあるようです。)

枕経

お坊さんに枕経をあげてもらうときは、遺族や親族は近くに集まります。

平服でかまいませんが、数珠は持ちます。

喪主を決める

喪主は葬儀全般の取り仕切りだけでなく、その後の供養にも責任を持ちます。

配偶者や子供、親、兄弟、・・・などの続柄、さらにその人の年齢や社会的な状況なども踏まえながら慎重かつ迅速に決める必要があります。

葬儀社選び・斎場選び

葬儀社は経験豊富で信頼のおけるところから選びたいですね。

そして気になるのが費用です。

葬儀全体の費用は一般的に「葬儀社に払う葬儀費用」「お寺へのお布施」「会場代」「飲食など接待費」「香典返し」などがありますが、一般的には香典で費用のかなりの部分を賄えるでしょう。

ですので、費用の確認と同時に、香典の見込みも把握しておきたいところです。

葬儀社によっては自前で会場を持っていて、会場代や飲食代も一手に引き受けてくれる場合もありますので、葬儀社や斎場選びではしっかりチェックしましょう。

集合住宅などで遺体を自宅に運ぶことが難しい場合などには、特に早い段階で検討しておく必要があるかもしれません。

納棺、通夜、葬儀などの日程

納棺、通夜、葬儀などの日程も決める必要があります。

一般的には亡くなった日やその翌日に納棺を行い、その翌日に通夜、さらにその翌日に葬儀・告別式という流れが多いようです。

火葬は地域などによって、通夜の前に行われる場合、通夜の後に行われる場合、もしくは葬儀の後に行われる場合もあるようです。

お寺との葬儀日程の交渉は葬儀社を通じて行う場合が多いです。

葬儀社との打合せ

日程、会場、費用などの希望を伝えて、見積もしてもらいましょう。

通常はセットプランとなっていますが、別途必要なこともないか確認しましょう。

葬儀社によっては、会場や香典返しなども一緒にお願いできる場合もあります。 何が含まれていて、何が含まれていないかを、確認したいところです。

親切でかつ信頼できる葬儀社なら、葬儀の流れについて、手取り足取り教えてもらうのも手かもしれませんが、費用に関係することもありますので、できれば自分で大まかな葬儀の流れは事前に知っておきたいところです。

葬儀に不慣れな人が、無知に付け入られて高額な費用を請求されるトラブルもあるようです。(実績があり信頼できる葬儀社選びが重要)

死亡通知や葬儀・告別式の日取り・会場などのお知らせ

主な方々へ故人が亡くなったことと、納棺、火葬、通夜、葬儀などの場所や日時などをお知らせします。

必要に応じてご近所や、町内会の役員などにもお知らせします。

印刷は葬儀社に依頼して、発送します。

手伝いの手配と役割分担

葬儀ではやらないといけないことが、いろいろあります。 親戚や地域の人、付き合いの深い人などにお手伝いしてもらえると心強いです。

葬儀の経験がある人ほど、大変さを理解してくれて、またアドバイスも含め、より力になってもらえることでしょう。
(経験者のほうがいいとはいえ、必要以上に意見を述べたがる人では逆に疲れてしまうかも。)

手伝いしてもらう役割としては受付係、炊事・接待係、車両係、写真係、留守居係、進行係、会計係などが必要になります。

例えば、受付係は会葬者をある程度見知った人のほうがスムーズですし、お金をあずかることからも人選に注意したいところです。 香典をしまったカバンを置き忘れたりしたら事です。

火葬などの際の留守居係についても、親族や故人と関係の深い人は火葬に同行してもらいたいため、人選に頭を悩ますところかもしれません。

土足不可の公民館や地域の集会所をかりての葬儀の場合、下足係も必要になるでしょう。 同じような靴が玄関に集中することになりますからね。

納棺

納棺は言葉通り、遺体を棺に納めます。

昔は遺族や親族の手によって行われた納棺の準備ですが、近頃は納棺師と呼ばれる専門の人に依頼するケースも多いです。

納棺の時間になったら、遺体の近くに集まります。

故人に持たせたいものがある場合には、あらかじめ用意しましょう。
(ただし、火葬の際に問題になるような燃えにくいものや、爆発の恐れのあるものはダメです。)

納棺のとき納棺経をあげてもらうところもありますが、近頃は納棺経を省略する場合も多いそうです。

納棺の進行は、たいてい葬儀社の人が進めてくれます。

通夜、葬儀の準備

「通夜ぶるまい」「精進落とし」などの席順は、頭を悩ますところです。

故人との関係や、社会的な地位、自己主張の強い人・弱い人などを十分考えて決める必要があります。

供花や供物などの位置も席順同様に頭を悩ますところです。

失礼のないように心がけたいところですが、全ての人が満足する答えは見つからないこともあるでしょう。

通夜や葬儀の準備をしていると、結構分からないことにぶつかります。 そんなときは葬儀社の担当に相談するのが解決の近道であることが多いです。


ピックアップ情報

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

通夜に際し喪主がたおれて挨拶ができない
介護の末に亡くなった祖父の葬儀、疲れも癒えぬまま葬儀となりました。喪主となり取り仕切るものの疲れなどの影響.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved