親戚・ご近所・知人の葬儀の手伝いで学ぶ

葬儀に必要な知識は、親戚や身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが、最も自然で確実な方法でしょう。

親戚や身近な人の不幸に際しては、できるだけ時間を作って手伝う事で、故人への供養にもつながるというだけではなく、感謝されつつ、自身の教養にもつながります。

手伝いのいろいろ

教養が身を助ける

近頃は葬儀について不慣れの人が多く、知らないことにつけこまれて、葬儀社から高額の請求をされるというトラブルもあるそうです。

葬儀社の提案するものが、適正・妥当なものなのかの判断ができることは大きいです。

分からないと、葬儀や供養を滞らせたくないという思いから、不明なまま不要なものまで受け入れてしまうことも。あとから費用にビックリするのでは困ります。


相談相手を知る

親戚などの葬儀の際に積極的に手伝っていれば、知識がつくだけでなく、自分が葬儀を取り仕切る際に、分からないことは相談に乗ってもらうこともできますよね。

困った時に誰に聞けばいいのかさえ分からない人も意外と多いです。 実際に親戚などの葬儀での振る舞いや行動を見ていれば、誰に相談するといいのかもおのずと分かってきます。

中には詳しくても、こじらせてしまう要注意人物もいたりしますから人選がけっこう大事です。

少し話は逸れますが、中には犬猿の仲だったり、一緒にいるとトラブルを起こしやすい、人物の組合せなども、経験を通じて知っていれば未然に問題を防げることでしょう。


お互いさまの精神で

「困った時はお互い様」という言葉もありますが、葬儀の際に積極的にお手伝いしていると、自分が仕切らないといけない時には頼みやすいです。

いくら肉親といっても、全ての弔問・参列・会葬の方々を把握できるわけもなく、知らない人への対応などもあり、なかなか一人だけでできるものではないです。

いざというときに協力をお願いできるような関係を作っておくためにも、手伝える時には積極的にお手伝いすることが大事です。



ピックアップ情報

終活で失敗しないために
終活に向き合うことは、自分のためにも、残された家族のためにも大事なことです。昔と違い子や孫が離れて暮らすことも多く、昔のままのお墓の仕組みがうまく.....

忌中は別の葬儀に出られないって本当?
忌中は、別の葬儀に出られないとよくいわれます。その一方で、忌中でも葬儀への参列は問題ないという人もいます。その土地での習.....

納棺師の映画「おくりびと」
「おくりびと」は納棺師を描いた映画です。2008年に公開された映画です。滝田洋二郎が監督し、主演は本木雅弘。第81回アカデミー賞外国語映画賞.....

葬儀の準備と亡くなった後の手続き|不慣れでも分からないと投げ出せない
亡くなった直後から葬儀の準備まで、いろいろやらなければならないことがあります。悲しみや喪失感、不慣れを理由.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved