親戚・ご近所・知人の葬儀の手伝いで学ぶ

葬儀に必要な知識は、親戚や身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが、最も自然で確実な方法でしょう。

親戚や身近な人の不幸に際しては、できるだけ時間を作って手伝う事で、故人への供養にもつながるというだけではなく、感謝されつつ、自身の教養にもつながります。

手伝いのいろいろ

教養が身を助ける

近頃は葬儀について不慣れの人が多く、知らないことにつけこまれて、葬儀社から高額の請求をされるというトラブルもあるそうです。

葬儀社の提案するものが、適正・妥当なものなのかの判断ができることは大きいです。

分からないと、葬儀や供養を滞らせたくないという思いから、不明なまま不要なものまで受け入れてしまうことも。あとから費用にビックリするのでは困ります。


相談相手を知る

親戚などの葬儀の際に積極的に手伝っていれば、知識がつくだけでなく、自分が葬儀を取り仕切る際に、分からないことは相談に乗ってもらうこともできますよね。

困った時に誰に聞けばいいのかさえ分からない人も意外と多いです。 実際に親戚などの葬儀での振る舞いや行動を見ていれば、誰に相談するといいのかもおのずと分かってきます。

中には詳しくても、こじらせてしまう要注意人物もいたりしますから人選がけっこう大事です。

少し話は逸れますが、中には犬猿の仲だったり、一緒にいるとトラブルを起こしやすい、人物の組合せなども、経験を通じて知っていれば未然に問題を防げることでしょう。


お互いさまの精神で

「困った時はお互い様」という言葉もありますが、葬儀の際に積極的にお手伝いしていると、自分が仕切らないといけない時には頼みやすいです。

いくら肉親といっても、全ての弔問・参列・会葬の方々を把握できるわけもなく、知らない人への対応などもあり、なかなか一人だけでできるものではないです。

いざというときに協力をお願いできるような関係を作っておくためにも、手伝える時には積極的にお手伝いすることが大事です。



ピックアップ情報

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

通夜での失敗談:香典返しが不足する事態に・・
香典返しは、忌明けのご挨拶とともに送る地域が多いと聞きますが、私の地域では、会葬のときに会葬礼状を添えて渡すのが慣例。そこで準備する香典返しの「数.....

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved