失敗しない相続のために|知っておきたい基礎知識

亡くなった故人が資産や負債を持っていた場合、相続に関する手続きを要します。

相続は相続する側でも、相続するか?しなか?を選択する事ができます。

遺言書などがなくても、遺産分割割合の基本があります。

仮に遺言書で「相続させない」と書かれいても、遺族の場合、法律で定められた一定の割合が相続できる場合があります。

そのため相続を望まない人であっても、手続きや書類を必要とする場合があります。

家族と相続

相続する?しない?

例えば故人が負債しか残さなかった場合、遺族はそれを相続しないこともできます。

また、故人が資産と負債を両方持っていた場合で、通算するとマイナスが大きい場合などは、相続しないほうが得ですね。

相続の際は、「負債」と「資産」はセットなので、資産だけ相続して、負債は相続しないということは、残念ながらできません。

相続の法律的なことで分からないことは

相続に関する専門家といえばまずは司法書士でしょう。 基礎控除以下の相続であれば司法書士だけで大丈夫な場合も多いです。

「基礎控除以下」というと限定的に思えるかもしれませんが、多くの人がこの条件にはまります。 意外と大きな額です。

基礎控除を超えてくるような資産の相続の場合、相続税の関係で税理士が必要になる場合もあります。

また相続争いが発生している事態では弁護士への相談が必要になるかもしれないです。

状況に応じて専門家が変ることもありますが、まずは信頼できそうな司法書士に費用なども含めて問合せてみるのがいいと思います。


手続きや書類

相続の手続きを進める上で、関係者から書類をもらうことが必要になったりします。

当事者同士で話し合って決めるのが一番ですが、決めたことを実行するためには法律にもとづいて手続きが書類が必要になります。



ピックアップ情報

葬儀の準備と亡くなった後の手続き|不慣れでも分からないと投げ出せない
亡くなった直後から葬儀の準備まで、いろいろやらなければならないことがあります。悲しみや喪失感、不慣れを理由.....

葬式・葬儀の失敗談|喪主が遅刻(葬式の朝)
葬儀の当日の朝、家から出発する葬儀を行う会場に向かうバスの出発時刻に喪主が遅刻しました。バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪.....

遺灰から作るセラミックプレートのエターナルプレート
遺灰から強度のあるセラミックプレートをつくり、これを手元供養品として身近に置いて供養することもできます。遺灰からつくったセラミックプレートは、「メ.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved