失敗しない相続のために|知っておきたい基礎知識

亡くなった故人が資産や負債を持っていた場合、相続に関する手続きを要します。

相続は相続する側でも、相続するか?しなか?を選択する事ができます。

遺言書などがなくても、遺産分割割合の基本があります。

仮に遺言書で「相続させない」と書かれいても、遺族の場合、法律で定められた一定の割合が相続できる場合があります。

そのため相続を望まない人であっても、手続きや書類を必要とする場合があります。

家族と相続

相続する?しない?

例えば故人が負債しか残さなかった場合、遺族はそれを相続しないこともできます。

また、故人が資産と負債を両方持っていた場合で、通算するとマイナスが大きい場合などは、相続しないほうが得ですね。

相続の際は、「負債」と「資産」はセットなので、資産だけ相続して、負債は相続しないということは、残念ながらできません。

相続の法律的なことで分からないことは

相続に関する専門家といえばまずは司法書士でしょう。 基礎控除以下の相続であれば司法書士だけで大丈夫な場合も多いです。

「基礎控除以下」というと限定的に思えるかもしれませんが、多くの人がこの条件にはまります。 意外と大きな額です。

基礎控除を超えてくるような資産の相続の場合、相続税の関係で税理士が必要になる場合もあります。

また相続争いが発生している事態では弁護士への相談が必要になるかもしれないです。

状況に応じて専門家が変ることもありますが、まずは信頼できそうな司法書士に費用なども含めて問合せてみるのがいいと思います。


手続きや書類

相続の手続きを進める上で、関係者から書類をもらうことが必要になったりします。

当事者同士で話し合って決めるのが一番ですが、決めたことを実行するためには法律にもとづいて手続きが書類が必要になります。



ピックアップ情報

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

遺骨・遺灰から作るダイヤモンドで手元供養
遺骨や遺灰からダイヤモンドが作れることを知っているでしょうか。この遺骨や遺灰からつくったダイヤモンドを手元供養品にすることができます。その人.....

無縁墓はどうなる?跡継ぎのいないお墓の行く末
核家族化や少子化などを背景に、子や孫などの跡取り(後継者)がいない、あるいは遠方に暮らして管理できないこと.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved