知らないままでは困る「終活」のこと

終活について

社会の変化で終活は当たり前のことに

これまでのお墓は、子や孫が代々、同じ土地に住み、お墓を守っていくことを前提に作られてきました。 親から子に代々、引き継がれていくお墓のことです。

ところが、時代とともに社会の仕組みも変わってきています。 子や孫が離れて暮らすことも珍しくなくなったことが大きく影響しています。

実家やお墓から離れて暮らす人が、お墓を維持管理していくのは大きな負担です。 日々の生活で忙しい中、お墓の管理のために遠くまで出向くことは現実的ではないです。

このような背景から、自分の子や孫に、お墓のことで負担をかけたくないという考え方も広がっています。

そもそも少子化などを背景に、子や孫など、お墓の後継者が期待できない人も少なくないです。

従来型の供養に任せていられない人たちを中心に、真剣に自分の「終活」について考えられるようになったのでした。

昔の終活と今の終活

「終活」という言葉は、最近の言葉ですが、昔の人が今の人より終活に無頓着だったわけではないです。

大家族だった頃の人にとっては、年上の家族や親戚が亡くなったときの手伝い・経験を通じて、葬儀やお墓を守るということを、子や孫に伝えることこそが、そのまま自分の終活につながりました。

でも近頃は核家族化が進み、離れて暮らす家族も増えて、葬儀には出席できても、葬儀を手伝うという機会は少なくなっています。 そのため葬儀やお墓についての知識の継承も薄くなっています。

また少子化や、社会のあり方が変わったこともあり、子や孫がいなかったり、あるいはいても離れて暮らしていたりする場合も多いです。 従来型のお墓の仕組みだと、お墓の管理が大変なため、無縁墓が増えている背景になっています。

そのため、子や孫に負担をかけない、後継者の要らないお墓も選択肢に、しっかり考える必要があります。

昔は昔でしきたりなど何かと面倒なことも多かったようですが、でも先人に習うことで自分が亡くなったあとの安心は得られました。 今は昔より自由ではありますが、自分で考え、納得できる方法を選ばないといけない という難しさがあります。


ピックアップ情報

亡くなった後の手続き|家族が困らないための知識も
身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。まずは亡くなった後の手続きが待ってます。医師の「死亡診断書」、市町村役場の.....

「寝ずの番」・通夜を描いた映画(2006年公開)
「寝ずの番」はマキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品で2006年公開の映画です。中島らも原作で「通夜」を描いた映画。.....

故人名義の預貯金と口座凍結による影響とその対策
故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。(入出金等ができな.....

納棺師の手際が良すぎて納棺経前に納棺が終わり・・
亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。納棺にも地差がありますが、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺する通例の一方で、納棺師の.....

葬式・葬儀の失敗談|喪主が遅刻(葬式の朝)
葬儀の当日の朝、家から出発する葬儀を行う会場に向かうバスの出発時刻に喪主が遅刻しました。バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved