手元供養の常識と勘違い|失敗しないために大事なこと

「手元供養」とはその名が示すように、故人のお骨の一部をオブジェなどにして身近に置くことで、故人をしのぶというものです。

手元供養

近頃は核家族化が進み、先祖代々のお墓や、仏壇を持たない人が多くなりました。

このような社会背景のなか、「手元供養」は従来の形式にこだわらずに供養できる新しい方法です。

「手元供養」は供養のかたちを示すものです。 「手元供養」のみの人もいれば、「手元供養」+「別の方法の供養」と組合わせる人もいます。

樹木葬(自然葬に近いタイプ)や、散骨などの自然葬と「手元供養」の組み合わせなら、お墓も仏壇も不要でしょう。

お墓に納骨したうえで、「手元供養」を組合わせる人もいます。

分骨しても問題ない?

手元供養のために「分骨しても問題ないの?」と疑問に思う方も多いと思いますが、法律的には何も問題はないですし、実際に分骨している人もたくさんいます。

「分骨して成仏に影響あるのでは?」という心配についても、通常は葬儀後49日をもって霊は成仏するものと考えられていますし、大事なのは故人を大切に思う気持ちということでしょう。

とはいえ信仰によって判断が分かれる場合もあるでしょうから、気になる人は、身近な詳しい人に聞いてみるといいかもしれません。 (分骨すると成仏できないという話には、根拠がない場合も少なくないです。)

具体的にどんな供養をするの?

遺骨からつくる手元供養品を身近において供養します。

手元供養品は大きく「納骨型」と「加工型」の二つのタイプに分けられます。

「納骨型」・・・
 納骨オブジェなどに遺骨を納めるもので、「陶器や石像でできたお地蔵さん」「ミニ骨壷」「ガラスでできたかわいらしい納骨用小瓶」などなど、おしゃれなインテリア感覚でお部屋におけるものもあります。
 また、肌身離さず持ち運べるタイプとしては、遺骨を埋め込んだ指輪や、納骨ペンダントなどもあります。

「加工型」・・・
 骨の炭素を加工して作られた人工ダイヤモンドなどがあります。 それをさらに加工して指輪やペンダントなどにします。
 そのほか、パウダー状に粉骨したエターナルパウダーや、粉骨したものからセラミックプレート作成したエターナルプレートなどもあります。

手元供養を選ぶ理由は?

手元供養が選ばれる理由にはいろいろあります。いくつかピックアップしていきます。

「いつもいっしょにいたいとの願いから」
「お墓や仏壇の管理が大変という場合」
「家族や遺族に負担をかけたくないという故人の意思」
「お墓が遠方で面倒が見られないという場合」
「散骨などの自然葬の場合(お墓が不要となるため供養の対象として手元供養)」
「住宅事情で仏壇を置く場所がないという場合」
などなど

手元供養品の最後は?

手元供養品の面倒を見る事ができなくなった場合はどうするか?

手元供養品を自分の棺に入れてもらうという方法があります。

別の方法では、お寺などで永代供養として預かってもらえるところがあるので相談してみてもいいかもしれません。

手元供養協会とは?

正式名称は「NPO手元供養協会」で、平成17年に設立された団体です。

手元供養協会の活動は、手元供養の普及活動、手元供養のガイドラインの策定と実践、研修や勉強会およびイベントの開催、手元供養の賛同者への情報提供活動、葬送の相談窓口や手元供養品のクレーム受付などです。

なお手元供養品の実物を見たい場合には、協会が主催している各種イベントや展示会にいくと見られます。


ピックアップ情報

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved