いろいろある亡くなった後の手続き

身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。

すぐに亡くなった後の様々な手続きが待ってます。

不幸の際の手続きと書類

医師の死亡診断書

死亡を確認した医師から「死亡診断書」を書いてもらいます。 後の手続に必要となりますので、すぐもらいます。

ばたばたして無くさないように注意しましょう。


市町村役場で「死亡届」「火葬許可証」(「世帯主変更届」)

無くなってから7日以内に、市町村役場に「死亡届」を「死亡診断書」と一緒に提出しなければいけません。
(7日以内となっていますが、葬儀の準備との関係もありますので、実際は当日又は翌日などでしょうね。)

提出する役場は、故人の「現住所地」又は「本籍地」又は「死亡した地」です。

故人が世帯主であった場合には、「世帯主変更届」も必要となります。

同時に「火葬許可証」の交付申請も行いましょう。

「火葬許可証」は役場からもらえます。 火葬する際に必要となります。

市町村役場に足を運び、職員に聞けば詳しいことはわかるので、とにかく市区役所又は町村役場に行くことです。


落ち着いたら

・故人の勤務先へ
 「死亡退職届」の提出や、「健康保険証」「身分証」などの返却、「退職金」「未払給与」の受領申請などを行います。

・運転免許証の返還(警察署へ)

・国民健康保険証の返却又は記載内容の変更

・生命保険の手続

・葬儀費用の補助金申請(国民保険加入者)
・社会保険による各種支給手続
・遺族年金などに関する手続


故人名義の各種手続(名義変更や解約など)

いずれも忘れては困るものです。見落としなく手続きしましょう。

・水道
・電気
・ガス
・電話
・携帯電話
・クレジットカード
・登録資格




ピックアップ情報

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

親戚・ご近所・知人の葬儀を手伝うことで学ぶもの
葬儀に必要な知識は、親戚・ご近所・知人など身近な人の葬儀を手伝うことで身につけるのが最も自然で確実な方法です。手伝いの経験もなく分からないままでは.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved