いろいろある亡くなった後の手続き

身内が亡くなったとき、悲しんでばかりもいられません。

すぐに亡くなった後の様々な手続きが待ってます。

不幸の際の手続きと書類

医師の死亡診断書

死亡を確認した医師から「死亡診断書」を書いてもらいます。 後の手続に必要となりますので、すぐもらいます。

ばたばたして無くさないように注意しましょう。


市町村役場で「死亡届」「火葬許可証」(「世帯主変更届」)

無くなってから7日以内に、市町村役場に「死亡届」を「死亡診断書」と一緒に提出しなければいけません。
(7日以内となっていますが、葬儀の準備との関係もありますので、実際は当日又は翌日などでしょうね。)

提出する役場は、故人の「現住所地」又は「本籍地」又は「死亡した地」です。

故人が世帯主であった場合には、「世帯主変更届」も必要となります。

同時に「火葬許可証」の交付申請も行いましょう。

「火葬許可証」は役場からもらえます。 火葬する際に必要となります。

市町村役場に足を運び、職員に聞けば詳しいことはわかるので、とにかく市区役所又は町村役場に行くことです。


落ち着いたら

・故人の勤務先へ
 「死亡退職届」の提出や、「健康保険証」「身分証」などの返却、「退職金」「未払給与」の受領申請などを行います。

・運転免許証の返還(警察署へ)

・国民健康保険証の返却又は記載内容の変更

・生命保険の手続

・葬儀費用の補助金申請(国民保険加入者)
・社会保険による各種支給手続
・遺族年金などに関する手続


故人名義の各種手続(名義変更や解約など)

いずれも忘れては困るものです。見落としなく手続きしましょう。

・水道
・電気
・ガス
・電話
・携帯電話
・クレジットカード
・登録資格




ピックアップ情報

3歳児(幼児)のおたけびと葬式での失敗談
通夜や葬式、小さい子供がいるときは大変です。父の葬式のとき、子供たちは孫にあたりますし、できるだけ参列させたいと、.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved