故人名義の預貯金口座凍結の影響

故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。
(入出金等ができなくなるほか、公共料金などの自動引き落としについてもできなくなります。ですので公共料金の名義変更なども急ぐ必要があるかも。)

預貯金の取引凍結

凍結される理由

預金が凍結されるのには理由があります。 それは個人の預貯金が遺産相続の対象になるためです。

たしかに相続の内容が決まる前に、相続とは関係なく、どんどんお金が引き出されていたら困ります。 銀行など金融機関の立場からいえば、故人のお金を預かる者として当たり前の処置といえます。


凍結されて困る場合

理由はもっともでも凍結されたあとでは、葬儀費用など必要なお金さえも引き出せなくなって、残された家族が困ってしまうという事態もあります。

故人が亡くなったときには、早急に必要なお金を引き出しておくことも大事かもしれません。
(金融機関が死亡を確認する前に引き出した金額については、返還要求はされないようです。)

特に一家の大黒柱が亡くなった場合は、口座の凍結で、葬儀費用のみならず、当面の生活費にも困る可能性もありますので、注意が必要です。


凍結された場合の方法

凍結された口座から当面の費用を引き出す方法もありますので、必要な場合は銀行や郵便局の窓口に問い合わせしましょう。 戸籍謄本などいくつか書類も必要になります。


現金の重要性

預金を凍結されて身に染みるのが、現金の重要性です。 クレジットカードを持っていればある程度カバーはできるのですが、残念ながら万能とは言えません。 大地震などの災害時にもそうですが、いざというときはやはり現金です。



ピックアップ情報

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

通夜・葬式後の飲み会はダメ?
近親者が亡くなり通夜・葬式を終え忌中(普通は亡くなってから49日間ですが、35日、7日などとする場合も)にある場合.....

葬儀の準備と亡くなった後の手続き|不慣れでも分からないと投げ出せない
亡くなった直後から葬儀の準備まで、いろいろやらなければならないことがあります。悲しみや喪失感、不慣れを理由.....

葬式・葬儀の失敗談|喪主が遅刻(葬式の朝)
葬儀の当日の朝、家から出発する葬儀を行う会場に向かうバスの出発時刻に喪主が遅刻しました。バスに乗るのは親戚だけだったとはいえ、時間になっても乗ってこない喪.....

遺灰から作るセラミックプレートのエターナルプレート
遺灰から強度のあるセラミックプレートをつくり、これを手元供養品として身近に置いて供養することもできます。遺灰からつくったセラミックプレートは、「メ.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved