故人名義の預貯金口座凍結の影響

故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。
(入出金等ができなくなるほか、公共料金などの自動引き落としについてもできなくなります。ですので公共料金の名義変更なども急ぐ必要があるかも。)

預貯金の取引凍結

凍結される理由

預金が凍結されるのには理由があります。 それは個人の預貯金が遺産相続の対象になるためです。

たしかに相続の内容が決まる前に、相続とは関係なく、どんどんお金が引き出されていたら困ります。 銀行など金融機関の立場からいえば、故人のお金を預かる者として当たり前の処置といえます。


凍結されて困る場合

理由はもっともでも凍結されたあとでは、葬儀費用など必要なお金さえも引き出せなくなって、残された家族が困ってしまうという事態もあります。

故人が亡くなったときには、早急に必要なお金を引き出しておくことも大事かもしれません。
(金融機関が死亡を確認する前に引き出した金額については、返還要求はされないようです。)

特に一家の大黒柱が亡くなった場合は、口座の凍結で、葬儀費用のみならず、当面の生活費にも困る可能性もありますので、注意が必要です。


凍結された場合の方法

凍結された口座から当面の費用を引き出す方法もありますので、必要な場合は銀行や郵便局の窓口に問い合わせしましょう。 戸籍謄本などいくつか書類も必要になります。


現金の重要性

預金を凍結されて身に染みるのが、現金の重要性です。 クレジットカードを持っていればある程度カバーはできるのですが、残念ながら万能とは言えません。 大地震などの災害時にもそうですが、いざというときはやはり現金です。



ピックアップ情報

亡くなってから待ったなし?相続の話
亡くなったら故人の資産・負債について、相続に関する手続きを要します。意外と知られていないようですが、相続は、相続する側が相続するか?し.....

お悔やみの新聞掲載の情報不備が混乱の原因に(葬儀の失敗談)
30年以上同じ土地で商売をしていた父が亡くなったときのことです。葬式はできるだけ小さく行いたいと考え、最初はお悔やみの新聞への.....

知らないと困る手元供養の知識|勘違いを正して納得の供養
「手元供養」は、故人のお骨の一部を身近において供養します。オブジェなどのかたちにしたり、分骨用の用品を使ったりします。身.....

跡継ぎ・後継者の心配の要らない永代供養墓
永代供養と合葬墓は、無縁墓の問題を解決する方法として注目されてます。永代供養墓なら、お寺・霊園などが供養を続けてく.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved