故人名義の預貯金口座凍結の影響

故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。
(入出金等ができなくなるほか、公共料金などの自動引き落としについてもできなくなります。ですので公共料金の名義変更なども急ぐ必要があるかも。)

預貯金の取引凍結

凍結される理由

預金が凍結されるのには理由があります。 それは個人の預貯金が遺産相続の対象になるためです。

たしかに相続の内容が決まる前に、相続とは関係なく、どんどんお金が引き出されていたら困ります。 銀行など金融機関の立場からいえば、故人のお金を預かる者として当たり前の処置といえます。


凍結されて困る場合

理由はもっともでも凍結されたあとでは、葬儀費用など必要なお金さえも引き出せなくなって、残された家族が困ってしまうという事態もあります。

故人が亡くなったときには、早急に必要なお金を引き出しておくことも大事かもしれません。
(金融機関が死亡を確認する前に引き出した金額については、返還要求はされないようです。)

特に一家の大黒柱が亡くなった場合は、口座の凍結で、葬儀費用のみならず、当面の生活費にも困る可能性もありますので、注意が必要です。


凍結された場合の方法

凍結された口座から当面の費用を引き出す方法もありますので、必要な場合は銀行や郵便局の窓口に問い合わせしましょう。 戸籍謄本などいくつか書類も必要になります。


現金の重要性

預金を凍結されて身に染みるのが、現金の重要性です。 クレジットカードを持っていればある程度カバーはできるのですが、残念ながら万能とは言えません。 大地震などの災害時にもそうですが、いざというときはやはり現金です。



ピックアップ情報

納棺師を頼んだけど納棺に慣れた親族もいて・・
亡くなった父の納棺、家族で相談してプロの納棺師を頼み、納棺してもらうことにしました。ところが納棺当日、父の姉が自分の手で納棺の準備をするから.....

分骨による供養と見落とせない注意点
遺骨は一つのお墓に納骨して供養するのが一般的な形だと思います。ところが、遺骨を複数の場所に分けて納骨する事を「分骨」といい、そういう供.....

改葬(お墓の引越し)が必要な時・その方法
「お墓が遠くて、なかなかお墓にいけない」職業や仕事などの関係で、お墓とは離れた土地に暮らし、お墓の管理に悩む人は多いです。「家.....

終活で失敗しないために
終活に向き合うことは、自分のためにも、残された家族のためにも大事なことです。昔と違い子や孫が離れて暮らすことも多く、昔のままのお墓の仕組みがうまく.....

「寝ずの番」・通夜を描いた映画(2006年公開)
「寝ずの番」はマキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品で2006年公開の映画です。中島らも原作で「通夜」を描いた映画。.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved