故人名義の預貯金口座凍結の影響

故人名義の預貯金は、銀行などの金融機関が利用者の死亡を確認すると、その口座を凍結してしまいます。
(入出金等ができなくなるほか、公共料金などの自動引き落としについてもできなくなります。ですので公共料金の名義変更なども急ぐ必要があるかも。)

預貯金の取引凍結

凍結される理由

預金が凍結されるのには理由があります。 それは個人の預貯金が遺産相続の対象になるためです。

たしかに相続の内容が決まる前に、相続とは関係なく、どんどんお金が引き出されていたら困ります。 銀行など金融機関の立場からいえば、故人のお金を預かる者として当たり前の処置といえます。


凍結されて困る場合

理由はもっともでも凍結されたあとでは、葬儀費用など必要なお金さえも引き出せなくなって、残された家族が困ってしまうという事態もあります。

故人が亡くなったときには、早急に必要なお金を引き出しておくことも大事かもしれません。
(金融機関が死亡を確認する前に引き出した金額については、返還要求はされないようです。)

特に一家の大黒柱が亡くなった場合は、口座の凍結で、葬儀費用のみならず、当面の生活費にも困る可能性もありますので、注意が必要です。


凍結された場合の方法

凍結された口座から当面の費用を引き出す方法もありますので、必要な場合は銀行や郵便局の窓口に問い合わせしましょう。 戸籍謄本などいくつか書類も必要になります。


現金の重要性

預金を凍結されて身に染みるのが、現金の重要性です。 クレジットカードを持っていればある程度カバーはできるのですが、残念ながら万能とは言えません。 大地震などの災害時にもそうですが、いざというときはやはり現金です。



ピックアップ情報

生活や家族構成などにあわせて考えるお墓
一口のお墓といっても、実はいろいろな形があります。「家墓」が最も一般的なお墓で、親から子へ受け継がれていくお墓。でも少子化・核家族・子や孫が離れて暮らす時.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

お墓不要の供養のしかた「散骨」
散骨は、粉末状にした遺骨を海や山などの自然にまきます。一時期すごく注目された方法です。昔は規制もなくどこでも散骨できたようですが、だんだん規.....

いろいろある法事・法要
一般的に法事というと次のようなものがあります。.....

「香典返しに添える礼状」で使うことば
香典返しに添える令状で使うことばについてまとめました。いただいたものや言葉の意味を理解したうえでお礼の気持.....

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved